fc2ブログ

「やわらかあたま塾」で頭痛  ~ゲームから回想~    

最近、頭を使ってないよな~と思い。
頭のストレッチが出来るらしい、スイッチ版の「やわらかあたま塾」というのを開封してやってみた。
・・・これ、手元にある理由、忘れちゃったけど・・・
(たぶん、物忘れが多くなったので。不安で、何かのついでか安い時に買ったんだと思う)
でも、自分のものだってのは解ってるっていう ^^;
なんでだ。

で。
一人でやっていたらば。
なんてこったぃ!
子供が遊べるという、かんたんサポートという機能をオンにして。
難しい問題が選ばれないようにしていたというのに・・・
10分くらいで、頭が(オデコのあたりかな・・・もう忘れた ^^;)痛くなっちゃったよ。
・・・いや、頭が痛いというよか脳ミソが痛い!てな感じだった・・・
血流が増えているのが解るというのか、なんというのか。

この痛み。
なんか、30代の時に酷い頭痛とメマイがして立てない期間、会社を休んで入院して。
のちに、聴力検査をしたら「両耳ともに失聴している」と言われる前に感じていた頭痛。
頭の中で脈を打っているような・・・っていう痛みに似ている気がする。
(失聴が発覚する前は毎日数時間だったけど、今回はゲームをやめるとすぐに収まる)

そういえば。
ゲーム中、も一つ思い出したことがある。
昔、幼稚園に入る前か卒業するくらいまでだったと思うけど。
母に連れられて、わりと頻繁に「こども療育センター」ってところに行き。
(幼い頃から難聴で聞こえないし読めなかったハズだけど字を覚えてた)
しつこく何回も、行く度にテストみたいなのをやらされたんだけど。
あれをやっているような・・・そんな感じがした。
どんなテストだったかもあまり覚えていないけど。
もしかしたら、知能テストだったのかも。

で。
この頭痛。
失聴する前の痛みは原因が解らないけど。
今回のは多分、急に脳を流れる血が多くなったからなんじゃないかと ^^;
で、考えたのは。
いつも惰性で生きていて。
何も考えていないというか、ほとんど脳を使っていないからなんだろうなぁってこと。
思い知ったわ。

血糖測定にしても、インスリンの量を調整して打つにしても、散歩するにしても。
糖尿病歴42年ってこともあり。
試行錯誤しつつ、なんとなくやり方が決まって。
何もかもが惰性というか。
何も考えずに習慣としてやっているからなんだろうなぁ~って。
だから、夜にトレシーバを打ったかどうかも覚えていないってことになるに違いない。
・・・で、翌朝の高血糖を見てから針入れを見るまで打ち忘れに気付かないんだろう・・・

習慣や惰性でやっているもんで、本当にやったかどうかってのが解らないって問題。
これに似ているのが、外出時のカギをかけたかどうかとか窓を閉めたかってこと。
家から5分くらいのところで気が付いて、戻って確認したらちゃんとやってたってこと多し ^^;
忘れて出かけたってのは、いまのところない。
幸いなことに。

習慣になっているっていうのは、良いようでいてそうでもないのかな。

ちなみに。
「やわらかあたま塾」というゲームをやってみた結果はというと。
「直感」「記憶」「分析」「数字」「知覚」の中の、「直感」が一番点数が良かった。

・・・。
直感、、、カンかよ (笑)
・・・これって・・・
もしかして、血糖が上がるものを食べる時にヒューマログをカンで増量して打って食べて。
次の食前にいい数字になる(食前血糖の目標値の80~100)のと関係がるんだろうか。
そうだとしたら、嬉しいけど。
多分、あまり関係ないんだろうなぁ。
関係があるとすれば、まぁ、自分の身体で経験した結果として。
「これを食べたらヒューマログがどのくらい必要か」ってぇ~のが解ってるだろうか。
解ってるって言っても、大体だけどね。

で。
この、大体ってのが曲者でね。
・・・ほんっと、クセモノなんだよなぁ・・・
以前と同じ血糖の時に、同じことをやったからといって。
同じような結果になるとは限らないのだ。
その日の体調などによって、けっこう結果が変わっちゃうのだ。
イマイチな体調の時は要注意。
たいてい、チョイと多めにヒューマログを打たないと以前に近い血糖値にならない。
多めってのもね、+0.5単位なのか?+1.0単位なのかって迷うし。
多すぎたら、低血糖になっちゃうし。
結構メンドウだから、結局アタシの場合はカンに頼ってしまうのだな ^^;

まぁ、経験も大事ってことなんだろうけど。
いろいろと試行錯誤し過ぎて、なんだか解らなくなっちゃってるってこともあるんで、、、
記憶が定かでないってことは、ここらでまた、試行錯誤してみるのもいいのかもしれないな。

なんたって。
若い頃と今とでは、インスリンの自己分泌は変わらないかもしれないけど。
他の、血糖を上げるであろうホルモンの分泌量が変わっているに違いないのだから。
涙腺も緩みがちになってるし、色々と変化があり過ぎて語りつくせないほどよ~。
・・・更年期なお年頃だっていうのも関係しているかも・・・^^;



さて。
気分転換しよう~。

北海道犬のゆゆん
わりと振り返り美人よね~?と思う。

IMG_7498.jpg



最近、写真をPCに入れてないんでチョイと古いけど・・・

IMG_7604.jpg



アップで撮った写真を・・・。

IMG_7605.jpg


アタシャ~惰性で生きているらしく。
それなりに~とか、いつでも行きあたりバッタリとかいうて。
普段あまり脳ミソを使っていないであろうことが発覚したけど。
・・・劇薬のインスリンを日に複数回打っているのに死なないのが不思議・・・

とりあえず。
元気出していこ~。



関連記事

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2020年7月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












訪問に感謝
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
お気に入り
QRコード
QR