fc2ブログ

初心にかえって   ~「翔べ!ガンダム」を心の支えに~

うーん、、、
丑三つ時に考えていたのは。
身体が変わったなら。
変わって、血糖コントロールがムズカシくなったなら。
初心にかえれば良いんじゃないか、ってこと。

14才だった、1979年7月。
自分の身体から甘酸っぱいニオイがしていた自覚はあったが、すっとぼけていたら。
母により、開業医に強制連行され。
尿検査の結果だと思うが、即、紹介状を持たされて「大学病院の小児科に行け!」ってことで向かったらば。

検査の結果、小児病棟に強制入院することになってしまった。
そればかりか・・・
「ウィルスにより、すい臓がインスリンを作れなくなった」だの。
「インスリンは生きるのになくてはならないホルモンなので」
・・・と前置きした後で。
「生涯、日に複数回のインスリン注射しなければならない」と言われて。
中学に入学して以来、家事の代行はしていたものの。
お気楽に生きてたアタシは、これからは制限付きになってしまったんだな、と絶望。

「高校生になったら小遣いが増えて、放課後に(兄と同じように)コロッケが食べられるようになる!」と思っていたので。
特に効いたのは、コロッケの買い食いが夢のまた夢になってしまったことだった。
・・・アタシらしいっちゃ、アタシらしいね・・・

もうね、怒りと絶望で。
当時、TVで放送していた「機動戦士ガンダム」の主題歌「翔べ!ガンダム」の歌詞を心の支えにして。
いつか、コロッケ食べても大丈夫なようになってやる~!って。
ムダに頑張ったんだよねぇ。
・・・願いが叶ったのは発症から20~25年くらい経ってから・・・
効かせたい時にキュキュッ!と効くインスリンが出来て。
その組み合わせで使っているオカゲ。

なんか、ベルサイユのばらの「パンがなければケーキを」と言った王妃を思い出したのは何故だ。
(ないものねだりというか、無茶だから、、、かな ^^;)
王妃の名は、マリーアントワネットだったかな。
ガンダムとベルバラは同じ頃に流行ってた気がする。
そういえば。
「銀河鉄道999」もガンダム好きなクラスメイトに教えられたんだったな。
・・・どちらも、クラスメイトが好きだったアニメと原作・・・
なぜ、アタシが中2の頃に集中しているんだ?と思うが。
いや、糖尿を発症したから、特に覚えているだけ、、、なのか?^^;

ついでに言えば。
西遊記(夏目雅子さん、堺正章さんなど)も放送していた気がする。
んでもって。
ゴダイゴの「ガンダーラ」も、なんとなく、心の支えになった。
いつまでたっても辿り着けない、ってところに惹かれたんだったかな。
(糖尿は慢性の病気で治らないってところから、、、かも)

ここんとこ。
なにか行き詰ったりした時に思い出すのは、子供の頃の。
1960年代~1980年代、1990年代くらいの歌、歌詞。
そう思うと、アタシは昔の。
懐メロと言われる歌に支えられてきたんだな、と思う。



はぁ・・・
気分転換しよ・・・

15日の、高齢の北海道犬・ゆゆん
起きて動いているし距離が短めの散歩に行くけど、眼は閉じがち

IMG_5134_20240217031800671.jpg



顔を見ると元気そうだけど。
何もないところでよろけるし、かなりガリガリだし脚も細い。
妙なニオイは途切れることなく、、、むしろ、ニオイが強くなっていて・・・

IMG_5125.jpg

ヒマがあると、階段などの窓を開けっ放したうえで。
ゆゆんをゆゆんを玄関前に出し。
キレイにしてるので、そろそろ寿命かもしれないと兄と話してる。

15才になった頃は絶対にうちの敷地内で排泄しなかった、ゆゆん。
それが、いまでは2~3時間しかガマンできなくなったのに。
オムツをイヤがって付けさせないので。
クレート内で粗相するのが習慣のようになってしまった。
・・・ずっと多頭飼いしているので、排泄したものを片付けるのは慣れているけども・・・
他の子の時は大体予測がついたのに。
ゆゆんだけは、どうにもこうにも予測がつかないってのがストレス。
こんなに何回も波があって、状態や体調が上下するワンコは初めてだぁ~。


縄文柴犬姉妹は動きが速い上にジッとしていてくれないので撮れず。


IMG_5167.jpg



ウメかモモかサクラか、、、解らん・・・
いや、もしかしたら・・・どれでもないかも ^^;

IMG_5182.jpg



アタシはこれからも、「翔べ!ガンダム」の歌詞。
まだ怒りに燃える闘志があるなら巨大な敵を討て、とか。
まだ絶望に沈む悲しみあるなら恐怖をはらって行けよ、とか。
これを支えにして闘病していくんだろうな、と思う。

ま、とりあえず。
明日は明日の風が吹く!と信じて。
寝て起きたら、命があることに感謝して。
カラでも良いから、元気出していかなきゃ!だな。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2024年2月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












訪問に感謝
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
お気に入り
QRコード
QR