fc2ブログ

はじめての出来事   ~トレシーバを減らしたと思ったら、今度は高血糖に~  

ただいまの気分は、こんなかんじよ。

(思い当たる節が無いのに)荒ぶる血糖にタジタジ、、、、。

IMG_0309_20240216015024337.jpg


う”~ん、、、、
事の起こりは、アタシが血糖測定して数値を見ていたのに低血糖を見逃していたこと。
1月の再診日、我が主治医が気付いて。
「低血糖が多いからトレシーバを19→18単位にして!」と指摘されたもんで。
ハッとしたアタシはその指示に従い、トレシーバを1単位減らしてみたところ・・・
なんだか知らんが、一日中、低血糖っぽくなってしまったので。
様子見をしながらトレシーバの量を調整していたら、、、
トレシーバを19→14単位まで減らして、やっと収まったんだけど。
20日間くらいで、5単位減したんだよねぇ。
いつもは、せいぜい、減らしてもトレシーバは2単位減で済んでたのに。
・・・こんな事態は初めてだった・・・

で。
トレシーバを5単位も減らしたんだから。
そのうち、ガ~ッと血糖が上がるに違いない!と思ってた。
そしたらば。
2月14日から、高血糖続きになっても~たぁ~!
だもんで。
12日に、トレシーバを14→15にしてたけど。
15日からは、16単位にしてみた。

IMG_5403.jpg

たぶん、トレシーバは18単位くらいまで戻るんじゃないかな。

で。
仮に、トレシーバを-5単位するべきでなかったならば。
血糖が一日中、爆上がりしたハズなんで。
19→14単位まで減らしたのは、それほど間違っちゃいないのでは?と思うのだが。
トレシーバの量、変わり過ぎだよなぁ。

・・・いやいやいや、こんなの初めてだわ・・・
そんなことを考えていたら。
どこからともなく、「はじめて」という言葉が引っ掛かって出てきたのが・・・
桜田淳子さんの「はじめての出来事」だった。
♪くちづけのそのあとで おしゃべりはしないで♪っての。




さしずめ、今回のアタシの血糖に絡んだ騒ぎは。
♪減量したそのあとで 血糖 急上昇  
(中略) 慣れているふりをして 平気な顔していたが・・・♪ってところかな。

予想だか予測だか、知らんけど。
こうなると思っていたものの、、、落ち着いている期間があまりにも短くて。 
ホント、なんなの、この身体。
心身ともに疲れるからやめてくれませんかね。。。
     ↑
これ、誰に?何に?言えばいいの~!!

14才で糖尿を発症して、毎日、欠かさずインスリンを打ち続けてきて。
何人も主治医が変わり。
「あなたのはコントロール難しい」と言われ続けてきたんだけども。
ウシインスリンやブタインスリンを使っていた1979年頃よか、よく効くインスリン使用中なのに。
なんか、55才を過ぎたあたりから格段に血糖コントロールが難しくなった気がする。
多分、身体が変わったんだね。
膵臓でインスリンを作れない身体なのは変わらないけど。
基礎代謝率が落ちたとか、、、色々と。


ブログで愚痴を吐き出さなきゃ、とてもじゃないけどやってられんわ~!

吐き出せる場所がある、自分は幸せだね。




さて。
気分転換しよ・・・

兄にクッキーをもらってご満悦な、高齢の北海道犬・ゆゆん

IMG_5110_202402160224185a4.jpg



もらったオヤツは、落としても欠片ひとつ見失わない・・・らしい・・・

IMG_5401_20240216022415aea.jpg


玄関前で、縄文柴犬姉妹にニオイを嗅がれまくる、ゆゆん

IMG_4053.jpg



IMG_5180_202402160224195a2.jpg

     ↑
ところで、今咲いているこれって同じ花なんだろか。一重と八重?
     ↓

IMG_5191_20240216022420796.jpg



はぁ・・・
今更だけど。
アタシが糖尿を発症した時、昔、戦争でお兄さんをなくし。
自分も戦争に行った、いまは亡き父がアタシに言った言葉。
「生きられる命があるなら、生きろ」
それが重い、重すぎる。

生きるからには、なるべく良い状態で、と思うから苦しんじゃうのかな。
これが合併症が出てもいいと思えるならば、ちったぁ~ラクになるのかな。

なんか、岡本真夜さんの「TOMORROW」の歌詞を思い出した。
♪涙の数だけ強くなれるよ (中略) プライドとか捨てたらまたいいことあるかも♪

でもねぇ~。
今夏で闘病45年、だからね。
なんていうか、妙なプライドみたいなのがあって。
ここまで合併症無しで済んでるんだから、もうちっと頑張れよ!って。
思っちゃうんだよね。

あと20年も無いだろ?って、頭の中でささやく声がする。
ささやいてるのは誰なんだ。
頭の中の天使と悪魔、どっち?

とりあえず。
明日は明日の風が吹く!と信じて。
寝て起きたら、カラでも良いから元気出していこ~。


今度は、水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」が。。。^^;
たしかにね、幸せは歩いてこないよね~と思うが。
いまはチョイと、キツイな。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2024年2月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












訪問に感謝
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
お気に入り
QRコード
QR