fc2ブログ

1型糖尿病の再診に行ってきた   ~なんですって?!~

3日(土)は1型糖尿病の再診日だったので。
自転車でクリニックに行ってきた。
・・・起きたのが10:00、家を出たのが10:30・・・
朝起きて、すぐにトイレへ。
そしたら、採尿コップの25に満たなかった ^^;

もしかしたら、尿検査が出来ないかもしれないと思いつつ提出。
コップを渡されて、トイレに行ったからには。
料金を徴収されるからには、検査が出来るかどうかは問題じゃない。
是非とも、検査できるかどうか、検査技師さんに悩んでもらわねばなるまい。
検査料とは、すなわち。
技量を試された検査技師さんに払うもの!だと思いたいんで。
だって、、、採血だって、針を刺されて痛い思いするのに金をとられるんだよ。
そうとでも思わなきゃ、やってられんわ。
・・・こんなことを考えるのは、多分アタシだけなんだろうなと思いつつ書いてる・・・

気になる検査結果は、というと。
HbA1Cは、6.3% (先月より+0.1%)
・・・なぁ~んですってぇ~?!・・・
なんだか、腑に落ちんのだがぁ~(-"-)

だって。。。
我が主治医が”低血糖が多いようだから、トレシーバは19→18単位に”
そうおっしゃったし、自分でも一日中血糖が低めだからトレシーバを減らさなきゃ!
そう思っていたもんで。
先月の再診日の夜からトレシーバを18単位にしてみたら。
どういうわけか、それでは収まらず。
減らして減らして、減らしまくって。
24日(水)に14単位まで減らして数日後に、やっと低血糖が収まったんだから。

いや、でもHbA1Cってのは。
1~2か月前の平均血糖値を反映しているんだったっけ?
ってこたぁ~、1月中の結果は3月にわかる、、、のかなぁ。
よく知らんけど。
まぁ、いいや。
アタシとしては、大変だった20日間ほどの苦労が報われたかを知りたかったけど。
よく死なねぇ~もんだよな、と思ったくらいだから。

で。
ちっとぱかし悔しかったアタシは聞いてみた。
「もしかして、体重、減ってます?」と。

わんズの駆虫薬などをもらう時にゃ~、必ず体重を測って。
それに合った容量のを処方されるんだから。
もし、アタシの体重が減っているならば、トレシーバの量も変わるんじゃないかと思って。

そしたらば。
なんと、2kgほど減ってた。
・・・なぁ~んですってぇ~?!、再び・・・
いや、確かにズボンをはいた時に以前よか余裕があるかも?とは思ったけども。
2kg、減っただぁ~?!
もしかして、、、悪い病気、、、なんでは?

ここまで考えてハッとした。
そういえば、12月ごろから兄が《夕食後のデザート、要らねぇ》って言ったもんで。
それに付き合っていたアタシも、食べなくなったんだった。
ん”~、、、そうだなぁ。
団子とか焼きプリンとかゼリーなどを食べる時、どれもヒューマログを4.5単位打ってたんだよなぁ。
それぞれ、200kcalくらいはあるだろうから、ほぼ毎日食べていたとすると。
200kcal×30日=6000kcal、、、ってことに、、、なる、の、かな ^^;
我ながらビックリだわ~ Σ(゚д゚|||)
そりゃ、2か月続けて6000kcal減ったとなれば、痩せるよね。
1キロ分痩せるには、約7000キロカロリー分の食事制限が必要なんだそうだから。
うん、、、大体、計算が合う、のかなぁ~ \(//∇//)\

んでもって。
主治医には秘密なデザートを食べた後に散歩すると。
21:00には血糖が80~100くらいになってたんだったわ。
ってこたぁ~、デザート分のヒューマログ量が合ってたってことかな。

で。
主治医に「1ヶ月でトレシーバを5単位減らす事態になることって、あるんですかね?」
てなことを(デザートのことは黙して語らないまま)問いかけてみたらば。
”体重が減っているし、ありえる。
トレシーバの効きが良くなるかも”とのことだった。
・・・そうですか・・・^^;
でも、5単位も減らさにゃ~ならなくなるとはねぇ~。
体重が増えた時だって、そんなに増えなかったのにさぁ~。
ちっと、おかしいんじゃね?比例してないじゃん。
徐々に体重が5キロ増したって、トレシーバが増えたのは2単位くらいだよ。
だが、面倒なことを言って嫌われたくないんで。
黙して語らずな、小心者なアタシであった ^^;

そして。
HbA1Cよか気になっていた、尿細胞診の結果はというと。
”腫瘍の細胞はなかった”とのことだった。
だもんで。
ダメ押し的に、「尿潜血の結果はどうでしたか?」と聞いてみたら。
”1月6日  +、 2月3日 2+”だった、と。
・・・なぁ~んですってぇ~?!、三度・・・

う~ん、尿潜血の結果が一定じゃないのかぁ~。
ずっと異常ありの2+だったら、もっと積極的に調べるんだろうね。
結局。
エコーも異常がなかったし、なんだかわからないが悪いものではなさそう。
・・・なさそう、って、ア~タ、、、まぁ、他人事よね・・・ (。Д゚; 三 ;゚Д゚)
ちっと、アタシは心中穏やかじゃないというか、怒っちゃいないけど不安。
結局、様子見するってことに落ち着いた。
・・・なんだか、スッキリしねぇ~なぁ~、もう・・・(-"-)
下腹部が痛いとかっていうのも無いんで、やっぱ、様子見するしかないんだろうね。

次回の再診日は、3月2日(土)。
採血で、腎機能・肝機能・コレステロールなどを調べるんだそうな。
うん、うん、いいよ。
調べてもらえる時に調べてもらうのが一番だからね。
主治医の納得がいくまで調べとくれ。
これに関しては文句言わねぇ~ことにするから。



さて。
気分転換しよう~

高齢の北海道犬・ゆゆん
ヨロヨロフラフラして、ゆっくりしか歩けないのに・・・
ハウスに入るのを嫌がって踏ん張るんだよなぁ (-"-)

IMG_4445_202402040317481fe.jpg



ゆゆんはまだ自力で歩けるのが不思議なくらいなんだけども。
2月6日を迎えると15才11ヶ月になるので頑張ってほしいな。。。

IMG_4473_2024020403062911d.jpg



縄文柴犬のチャー

IMG_3472_202402040317501da.jpg



縄文柴犬のスー

IMG_3683.jpg



明るい気分になるにゃ~、キレイなものや可愛いものを見るのが一番!

IMG_4586_20240204030630c96.jpg


毎日、色々なことがあるけど。
宵越しの銭は持たない、を見倣って。
暗い気分を持ち越さず。
寝て起きたら、カラでも良いから元気出していこう~。

きっと、何とかなる!なるにちがいない!
そう思ってなきゃ、やってらんねぇ~だよ。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2024年2月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












訪問に感謝
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
お気に入り
QRコード
QR