fc2ブログ

1型糖尿病の再診に行ってきた   ~なんですって?!~

3日(土)は1型糖尿病の再診日だったので。
自転車でクリニックに行ってきた。
・・・起きたのが10:00、家を出たのが10:30・・・
朝起きて、すぐにトイレへ。
そしたら、採尿コップの25に満たなかった ^^;

もしかしたら、尿検査が出来ないかもしれないと思いつつ提出。
コップを渡されて、トイレに行ったからには。
料金を徴収されるからには、検査が出来るかどうかは問題じゃない。
是非とも、検査できるかどうか、検査技師さんに悩んでもらわねばなるまい。
検査料とは、すなわち。
技量を試された検査技師さんに払うもの!だと思いたいんで。
だって、、、採血だって、針を刺されて痛い思いするのに金をとられるんだよ。
そうとでも思わなきゃ、やってられんわ。
・・・こんなことを考えるのは、多分アタシだけなんだろうなと思いつつ書いてる・・・

気になる検査結果は、というと。
HbA1Cは、6.3% (先月より+0.1%)
・・・なぁ~んですってぇ~?!・・・
なんだか、腑に落ちんのだがぁ~(-"-)

だって。。。
我が主治医が”低血糖が多いようだから、トレシーバは19→18単位に”
そうおっしゃったし、自分でも一日中血糖が低めだからトレシーバを減らさなきゃ!
そう思っていたもんで。
先月の再診日の夜からトレシーバを18単位にしてみたら。
どういうわけか、それでは収まらず。
減らして減らして、減らしまくって。
24日(水)に14単位まで減らして数日後に、やっと低血糖が収まったんだから。

いや、でもHbA1Cってのは。
1~2か月前の平均血糖値を反映しているんだったっけ?
ってこたぁ~、1月中の結果は3月にわかる、、、のかなぁ。
よく知らんけど。
まぁ、いいや。
アタシとしては、大変だった20日間ほどの苦労が報われたかを知りたかったけど。
よく死なねぇ~もんだよな、と思ったくらいだから。

で。
ちっとぱかし悔しかったアタシは聞いてみた。
「もしかして、体重、減ってます?」と。

わんズの駆虫薬などをもらう時にゃ~、必ず体重を測って。
それに合った容量のを処方されるんだから。
もし、アタシの体重が減っているならば、トレシーバの量も変わるんじゃないかと思って。

そしたらば。
なんと、2kgほど減ってた。
・・・なぁ~んですってぇ~?!、再び・・・
いや、確かにズボンをはいた時に以前よか余裕があるかも?とは思ったけども。
2kg、減っただぁ~?!
もしかして、、、悪い病気、、、なんでは?

ここまで考えてハッとした。
そういえば、12月ごろから兄が《夕食後のデザート、要らねぇ》って言ったもんで。
それに付き合っていたアタシも、食べなくなったんだった。
ん”~、、、そうだなぁ。
団子とか焼きプリンとかゼリーなどを食べる時、どれもヒューマログを4.5単位打ってたんだよなぁ。
それぞれ、200kcalくらいはあるだろうから、ほぼ毎日食べていたとすると。
200kcal×30日=6000kcal、、、ってことに、、、なる、の、かな ^^;
我ながらビックリだわ~ Σ(゚д゚|||)
そりゃ、2か月続けて6000kcal減ったとなれば、痩せるよね。
1キロ分痩せるには、約7000キロカロリー分の食事制限が必要なんだそうだから。
うん、、、大体、計算が合う、のかなぁ~ \(//∇//)\

んでもって。
主治医には秘密なデザートを食べた後に散歩すると。
21:00には血糖が80~100くらいになってたんだったわ。
ってこたぁ~、デザート分のヒューマログ量が合ってたってことかな。

で。
主治医に「1ヶ月でトレシーバを5単位減らす事態になることって、あるんですかね?」
てなことを(デザートのことは黙して語らないまま)問いかけてみたらば。
”体重が減っているし、ありえる。
トレシーバの効きが良くなるかも”とのことだった。
・・・そうですか・・・^^;
でも、5単位も減らさにゃ~ならなくなるとはねぇ~。
体重が増えた時だって、そんなに増えなかったのにさぁ~。
ちっと、おかしいんじゃね?比例してないじゃん。
徐々に体重が5キロ増したって、トレシーバが増えたのは2単位くらいだよ。
だが、面倒なことを言って嫌われたくないんで。
黙して語らずな、小心者なアタシであった ^^;

そして。
HbA1Cよか気になっていた、尿細胞診の結果はというと。
”腫瘍の細胞はなかった”とのことだった。
だもんで。
ダメ押し的に、「尿潜血の結果はどうでしたか?」と聞いてみたら。
”1月6日  +、 2月3日 2+”だった、と。
・・・なぁ~んですってぇ~?!、三度・・・

う~ん、尿潜血の結果が一定じゃないのかぁ~。
ずっと異常ありの2+だったら、もっと積極的に調べるんだろうね。
結局。
エコーも異常がなかったし、なんだかわからないが悪いものではなさそう。
・・・なさそう、って、ア~タ、、、まぁ、他人事よね・・・ (。Д゚; 三 ;゚Д゚)
ちっと、アタシは心中穏やかじゃないというか、怒っちゃいないけど不安。
結局、様子見するってことに落ち着いた。
・・・なんだか、スッキリしねぇ~なぁ~、もう・・・(-"-)
下腹部が痛いとかっていうのも無いんで、やっぱ、様子見するしかないんだろうね。

次回の再診日は、3月2日(土)。
採血で、腎機能・肝機能・コレステロールなどを調べるんだそうな。
うん、うん、いいよ。
調べてもらえる時に調べてもらうのが一番だからね。
主治医の納得がいくまで調べとくれ。
これに関しては文句言わねぇ~ことにするから。



さて。
気分転換しよう~

高齢の北海道犬・ゆゆん
ヨロヨロフラフラして、ゆっくりしか歩けないのに・・・
ハウスに入るのを嫌がって踏ん張るんだよなぁ (-"-)

IMG_4445_202402040317481fe.jpg



ゆゆんはまだ自力で歩けるのが不思議なくらいなんだけども。
2月6日を迎えると15才11ヶ月になるので頑張ってほしいな。。。

IMG_4473_2024020403062911d.jpg



縄文柴犬のチャー

IMG_3472_202402040317501da.jpg



縄文柴犬のスー

IMG_3683.jpg



明るい気分になるにゃ~、キレイなものや可愛いものを見るのが一番!

IMG_4586_20240204030630c96.jpg


毎日、色々なことがあるけど。
宵越しの銭は持たない、を見倣って。
暗い気分を持ち越さず。
寝て起きたら、カラでも良いから元気出していこう~。

きっと、何とかなる!なるにちがいない!
そう思ってなきゃ、やってらんねぇ~だよ。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

1型糖尿病の再診に行ってきた   ~トレシーバを19→18単位に~

6日(土)。
1型糖尿病の再診に行ってきた。
12月の再診日に尿潜血2+。
我が主治医が異常値だっていうんで、膀胱エコーを受けたし。
尿細胞診の検査もしたらしい・・・んだけど。
結果を聞くのが怖かったけど、行ってきた。

HbA1Cは、6.2%。(先月より-0.1%)
・・・はぁ?11月にジャヌビアを中止したのにまだ下がる?・・・

で。
血糖測定器からデータをパソコンに呼び出して印刷したものを見ながら。
主治医が一言。
”低血糖が多いね”
アタシ、えぇぇ???となった。
(ダーッと自己管理ノートに書き写している時に気付いたはずなんだけど、もう忘れてる ^^;)

まぁ、確かに、低い時が多いわねぇ~ってことで。
「そうみたいですね」 ←なぜ他人事みたいに言うんだよ、アタシャ~ ('Д')
「血糖測定時に数値を見て、その都度、対処したりしてるんですけどね。
低血糖の症状が無いんですよね。
ノド元過ぎたら忘れちゃうというか、なんというか、、、これ、性格なんですかね?
兄に、天然か~!って言われます・・・」
てなことを言うたら、しばし沈黙した上に動きも止まってた。
どういう意味???アタシ、気まずかったわ~。

そして。
我が主治医が一言。
”症状がない、わからないのは体が低い血糖に慣れてしまったからだと思います。
では、トレシーバを19→18単位にして様子見してください”だそうな。
ごもっともです。。。
アタシも診察室で見た血糖の表を見て、18単位にするべきだよな、と思ったから。
・・・なぜ、毎度毎度の血糖値を見て知っているのに・・・
自分の判断でトレシーバを減らさなかったんだろうか。
う~ん、ナゾ。

ほんと、アタシャ~、自分で自分を。
一番信じちゃいけない人だよなぁと思う。
自分が怖い。
いつでも行きあたりバッタリ過ぎて。

で。
気になる、膀胱エコーの結果は、異常なし。
だけども。
いつ~まで待っても尿細胞診の結果を書いてくださらないので。
どうでしたか?と聞いてみたら。
”検査結果が、、、無い・・・”とな。
・・・そういえば、看護師さんがバタバタしてる感じはしてたなぁ・・・
結局、診察終了まで見つからず、結果が解らなかった。

え”?!
もしかして、もしかすると。
なんか、すごい異常があって泌尿器科の先生かなんかが結果を持って。
いろいろと検討しているとか、、、、?
そういう、よからぬことを考えてしまった。
でも、膀胱エコーで異常がないってことなので、多分それはないんじゃないかと。
(もしかしたら、前回の再診日の終わりに”今回採った尿で細胞診、します”
てなことを、主治医がおっしゃったので。
尿を捨ててしまった後で、、、検査自体をしていないかも?だよなぁ・・・)
だとしたら。
多分、検査料、、、取られてると思うので。
必要なら、いつでも抜き打ちで検査してほしいわ。
時々、確認しましょうとかいうて。

そのままにされたんじゃ、アタシが疑心暗鬼に陥ってしまうわ (T_T)

アタシャ~、現在通院中のクリニックでは聞きたいことを遠慮せずに聞けるし。
なにより、主治医を信用・信頼してる。
・・・そりゃそうだ・・・
インスリンなんて言う、劇薬を使ってるんだから、信用してなきゃ通ってられないよ。
ある意味、命を預けてるんだからね。
毎日の血糖コントロールは自分で、自己流でしているけど。
ちゃんとした指導や(質問に対する)返答が無きゃ、やってられない。

まぁ・・・
主治医にムリ言うて。
この、ガチャガチャで引き当てた「つむっこあざらし」みたいに。
主治医におんぶにだっこ、ならぬ、、、押し潰している感じではあるけれど。

ガチャガチャ つむっこあざらし




さて。
気分転換しよう~

高齢の北海道犬・ゆゆん
6日(土)で15才10ヶ月になった

北海道犬・ゆゆん 15才10ヶ月


立ち姿は、こんなだけど。
まだ散歩要求が止まず、どんだけ散歩大好きなのよ?と思う。

IMG_3293_20240107155418bbc.jpg


縄文柴犬のチャー

縄文柴犬 チャー


散歩中に北海道犬・ゆゆんと合流した、縄文柴犬のスー(黒ゴマ毛)
体の大きさの違いに、改めてびっくりした・・・いつも見てるのに ^^;

北海道犬と縄文柴犬の大きさ、違いすぎ

スーはヘタレ。車と知らない人を怖がる。
でも、犬は平気。
本来、気性が荒いゆゆんに平気でオラオラするんで。
見ているこっちがハラハラするんだけども。
どういうわけか、ゆゆんはどの縄文柴犬ともケンカをしない。
同種のオスのホクには、しょっちゅう、唸ってたのに。
なぜだ~?



IMG_3171_20240107160920fcc.jpg


毎日、いろいろあるけど。
行きあたりバッタリでも、それなりでもいい。
明日は明日の風が吹く!と思って。
何とか対処しつつ、過ごしていけたらいいな。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

1型糖尿病の再診に行ってきた ~膀胱エコーを受けることになった~

2日(土)。
1型糖尿病の再診に行ってきた。

HbA1Cは6.3%で、11月と変わらなかった。
いままでは、6.5%以下になると一日中、低血糖に対処しまくらなければならなかったんだけども。
どういうワケか、今は一日中、低血糖に対処なんてのは無くなった。

で。
尿検査で問題が発生。
尿潜血2+ だそうで。

糖を尿で出すフォシーガを飲んでいるので。
アタシが「(尿路の)感染症ですかね?」と言ったらば。
我が主治医、紙に"あまり感染症ぽくない。(尿)石とか腫瘍とか…"って書いたわ ^^;

え、、、マジですか?
尿石って、金平糖みたいな形してて出るまで痛いとか、、、いうやつ?
んでもって。
腫瘍かもしれない、って?

あら、ヤダ。
生涯、日に複数回のインスリン注射が必須の糖尿病歴44年で。
糖尿の合併症がないとかいうて。
とてつもなく運が良いと思ってたら。
結構、えげつない、、、とんだ問題が持ち上がったわぇ ^^;

で。
尿細胞診は、2日(土)のですると言ってたけど。
近々、膀胱エコーっていう検査をすることになった。

夕飯前の血糖 146
ヒューマログ 定量+1
(食後に散歩して)
21:00の血糖 183
…朝の高血糖はイヤなんで、ヒューマログを1単位打った…

なのに。
22:00の血糖 179
…ヒューマログ、効いてないじゃん ^^;…
これって、ストレスによる高血糖なんだろか (T-T)

※※※※※


Win10(メモリ4GB)の更新が失敗するからなのか、パソコンの調子が悪くてブラウザが使えず。
何回も再起動(これがまた、時間がかかるんだけど)して、インストール100%になるのに更新失敗するんだよねぇ ^^; もえ、ホントに駄目だわ)

で。
スマホからの更新なので写真なし。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

1型糖尿病の再診に行ってきた   ~インスリン抗体等の検査結果/ジャヌビア中止~

4日(土)。
1型糖尿病の再診に行ってきた。
9月に、トレシーバを24→18単位まで減らさにゃ~ならん低血糖になったもんで。
主治医に「新たな病気が隠れているかもしれないので調べて欲しい」とかナントカいうて。
10月11日(水)の午前中にインスリン抗体などの検査だけ、受けたんだけど。
その検査の結果が解る日、だった。

アタシは両耳ともに聴力が無くて聞こえないので筆談していただいたのが、コレ。

IMG_7698_20231105013233583.jpg


ん”~・・・
我が主治医、いっつも「OK」って書く人なんだよねぇ ^^;
いや、あの、その、、、いったい何がどう、OKなんでしょか~ (-"-)
アタシにゃ~、解らん。
自分の身体の中で大変なことが起きてる!
そう思って、検査してもらったってぇ~のに。

糖尿以外の病気を発症した可能性、大!だと思ったんだけど。
なんなのさ、OKって。
(大体、何か変だと思って調べてもらってもなんでもないんだよなぁ、毎回。
なんでなんですかね ^^;)
こちとら、、、病気に立ち向かう気でいたってのに!
甲状腺の異常などでツライ闘病を覚悟していたってのに!
(昆布とかキャベツとか、状態によってはいろいろと成分制限があるかも!と思ってた)
拍子抜けしちまったじゃないか。

う”あ”あ”あ”~!!
アタシの。
アタシの、、、覚悟、返してぇ~!!

話が逸れた、戻そう。

で。
気を取り直し、たいした異常が無いのを喜んだ後で。
結果を詳しく説明されたところで、アタシにゃ~解らないんだけども。
こういう検査、多分、いつかまたやるかもしれないんだよね。
だもんで。
記録というか、今回と次回を比較できるものが欲しいと思い。
「印刷したものをください」と言ってみたら、OK、だって。

で。
頂いたのが、コチラ。

IMG_7700_20231105013419611.jpg


ん”~
やっぱし、アタシが見てもサッパリ解らん ^^;
インスリン抗体の?だと思うんだけど。
濃度と結合率が高いんだね~。
で?
これが高いと、どうだってぇ~のよ? (-"-)

そして。
検査を受ける前に自分の血糖測定器で血糖を測ったら97だったんだけど。
Cペプチド(基準値:0.7~3.5)  0.2 だって。
低いね。

う~ん、、、0.2といえば。
アタシが14才で糖尿を発症した1979年に強制入院させられた小児病棟にて。
医師が検査結果の、0.2という数値を見てビックリした顔をしたのを覚えている。
もしかして、Cペプチドの結果だったんだろうか。(違う可能性もある)
・・・。
いや、、、ちょっと待て。
採血して調べる、C-ペプチドの検査ってのはいつからあるんだ?
そう思い、「Cペプチド」と検索してみたらば。
ウィキペディアに歴史が載っていた。
それによると・・・

プロインスリンのC-ペプチドは、1967年にインスリン生合成経路の発見とともに初めて記載された。
     (中略)
C-ペプチド検査が初めて記載されたのは1972年である。

 (ウィキペディア「Cペプチド」より)
・・・のだそうな・・・

そうだなぁ~
入院していたのは1979年の大学病院だし。
採血してCペプチドを調べた可能性はある。
(1979年に発症時の診断を下すのに使ったなら、インスリンを打つ前のハズ。
だけども、今回調べたのは・・・
すでにインスリンを打っているので注射液が影響しているだろうから。
自己分泌のインスリンじゃなくて、注射の影響を調べたのかな。
濃度と結合率を調べているし)
・・・筆談された、その場で主治医に聞けばよかったんだけどね・・・
頭ン中がイッパイイッパイで頭がまわらなかったんだよ~(T_T)

そして。
今回の、HbA1C 6.3% (先月より-0.1%)
9月に6.8%で、10月は6.4%だったんだから・・・
先月はー0.4%だったのに。
まだ下がるんかぃ (-"-)
アタシャ~、6.5%以下になると頻繁に低血糖になるのに!
・・・だけど、この時、気付いた・・・
10月12日から、一時的にジャヌビア(50)を飲まなくなってからは。
それほどひどい高血糖も低血糖も起こしていないってことに。

もしかしたら、我が主治医にそれに気付いたのかな。
”ジャヌビア、抜くね”って筆談してくださった。
抜くって何だろう?と思ったら、処方中止、だって。
やったぁ~♪ ^^v



さて。
気分転換しよ・・・

ゆゆんたら、けっこう大きいんだな~・・・

IMG_7075_20231105013653e36.jpg



散歩後の北海道犬・ゆゆんと縄文柴犬のチャー

IMG_7240_2023110501410727a.jpg



だいぶお疲れのようで 

IMG_6643_20231105014450ea9.jpg


縄文柴犬のスー

IMG_6932.jpg



散歩中にみかけたモノ

IMG_6731_202311050148199fa.jpg


高齢の北海道犬・ゆゆんは尿をガマン出来なくなっていて。
2時間間隔くらいで漏らす。
トイレに行きたいからなのか、元々、散歩大好きだからなのか。
2時間おきくらいに散歩要求を。
まぁ、兄かアタシが連れてくけどねぇ。
少々、寝不足気味の飼い主兄妹。
でも、要求があるうちが華なんで答えてる。

眠い。
もう寝る。
んでもって、寝て起きたら。
カラでもいいから元気出していこ~。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

(血液)検査を受けてきた   ~診療費明細書で検査内容を知る/22:30に低血糖~

低血糖が続き、トレシーバを24→19単位まで減らす事態となったので。
11日(水)に、1型糖尿病の主治医が入れてくださった(採血)検査を受けてきた。

本当は、朝食無し・ヒューマログなしで検査・・・と言われたんだけども。
朝起きたら、7:28  72

IMG_4632_20231012024421780.jpg


アタシの場合、食前のヒューマログを打たなければ運動しても血糖が下がらないけど。
いま、(血糖が)普通の(安定した)状態じゃないし。
これじゃ、クリニックに行くにも支障が出るかも?と思い。
あんまし良くないよな?と思いつつ、ジューCを1粒、クチに含んでみた。
(アタシは1粒で20ほど血糖が上がるので)

IMG_4635_20231012024657354.jpg


で。
朝食を食べず・ヒューマログを打たずに自転車でクリニックへGO~!
8:00に到着したら、受付番号札が4番だった。
・・・受付開始は8:15から、なのだそうで・・・
アタシの予約時間が8:30だったので、チョイ早めに着くようにした。
(検査前に30分ほどベッドで寝てから採血するってことだったし)

やっぱり、朝食を食べたか?と聞かれたんだけど。
低血糖予防にジューCを一粒、クチに含んだことは言わなかった。
インスリン、打ってないし。
クリニックに到着後、検査前に血糖を測ったら 8:33  95だった。

IMG_4631.jpg


・・・ジューC1粒で20ほど血糖が上がるってのは変わってない・・・
そして、自転車に乗ったけど、やっぱり血糖は下がらないんだな、としみじみ。

”検査前にトイレに行ってこい”というので、行って。
出すもの出して、ベッドに30分ほど(眼を閉じて)横になってた。
・・・ら・・・
ボーッとしていたアタシの左腕が急にチクーン!とな ^^;
・・・見たら、腕に針を刺して採血されてた・・・

なんとなく、急襲されたのが悔しくて。
(急襲とか、悔しいとか、、、そう思うのは何故なんだ?(笑))
「なんていう検査ですか?」と聞いたらば。
”血圧に関係するホルモンの検査””副腎”と書いてくれたけど。
なんのこっちゃ?状態だったわ、アタシャ~ ^^;
え~?インスリン関係なら、すい臓じゃないの?と思っていたら、検査終了と告げられ。
そのまま、ムクッと起き上がってベッドを後にしたのであった。

外注に出すので結果が解るのが1週間後くらいで。
主治医からは検査のみで診察なし、と聞いていたので。
(結果を聞くのは、次回診察の時だから11月4日(土)だと思う。
急を要する異常があって呼び出されない限りは・・・)

そして、会計へ。
そこで、診療費明細書をもらって初めて検査名が解った。
(主治医が筆談してくれたけど、インスリン抗体しか読めなかったもんで ^^;)

検査名

IMG_4623_202310120250005cf.jpg

・・・。
けっこう調べたんだな~。
ベッドに寝たままだったから、試験管を何本使ったかさえ知らなかった。

もしかして、この検査項目は・・・7日(土)の再診日に。
主治医に「(トレシーバを一気に2単位減らすことはあるが、大抵はそれで収まる。
なのに、24→20まで減らしても)低血糖続きなのは・・・
内科でも眼科でも合併症、出てないと言われているが(嘔吐、下痢、便秘は無いけど)神経障害が出ていて吸収が遅いのかもしれない、とか。
他の病気を併発していて、インスリン以外の(血糖を上げる)ホルモンが出ていないのかも?」
てなことを言ったから、なのかも。


で。
クリニックを出る前に、チョイと好奇心で血糖測定を。
低血糖だったら、血糖を上げる必要があるってこともあって。
9:32  99

IMG_4630_20231012024418350.jpg


誤差の範囲だけど、僅かながら上がってるかも~。
っていうか、やっぱ、自転車に乗っても血糖、下がらないのか~。
改めて、このことを確認してしまった。
今までと変わらないってことは。
現在のアタシの身体には、トレシーバ19単位で正解なんだろうか。
そんなことを考えた。

駅ビルの本屋に寄ったらば。
雑誌のバックナンバーはアプリを使ってレシートの画像か何かを送ると。
20%オフになる(図書券がもらえる、だったかも)というポスターが。
ふ~ん、で終わったけど。
なんたってアタシャ~、スマホで写真は撮れるけどアプリでどう送るのか知らないし。
QRコードを読み取るってのも、どうやるのか解らないし。
アプリ、、、どこ?と思うし、使うにしてもどうすればいいのか解らないから。
(ダウンロードだかインストールだか、しなきゃイケナイんだろうとは思う。
でも、それ、どうやったら出来るのか知らない ^^;)

話が逸れた、戻そう。

帰宅後、昼食前に血糖測定を。
11:52  93

IMG_4629_20231012024417fc3.jpg


なんか知らんが。
自転車に乗ってもインスリンを打たなきゃ血糖下がらないことにイラッとした。
で。
ここで、持効型インスリンのトレシーバを打っているだけでは下がらないのか!
てな事にも気が付いた。
(アタシの場合、食なし(ヒューマログも打たない)で運動しても下がらないの、知ってるけど ^^;
なぜか、いま気付いた!て思っちゃったんだなぁ~。アタシの頭、どうなってんだろう ^^;)
トレシーバは、1日の血糖の基礎、食前の血糖を調整するしか出来ないみたい。
トレシーバって、24~36時間ほど効果がある・・・らしいのにねぇ。
・・・なぜに基礎だけ整える?と思うが、数値を見ると、そういうことなんだよなぁ・・・
いくら、アタシが腑に落ちなくても、そうなんだからしょうがない。
これ以上考えると熱が出そうなんで、止めとこう ^^;

だもんで。
割り切れない、悶々とした気持ちを抱えたまま・・・
いつも通りに野菜タップリで煮たラーメンを食べた。

夕飯の支度時までテキトウに過ごした後で。
夕食前の血糖測定を。
18:02  81

IMG_4628_20231012024415e6c.jpg


そして。
夕食後に、北海道犬・ゆゆんのゆっくり散歩を20分ほどした後で。
一人散歩を35分ほどして。
21:00の血糖を測ってみたら、20:58  87

IMG_4627_20231012024413438.jpg


ん~
やっぱ、トレシーバ19単位で正解なのかな。
そんなことを思っていたんだけども。
好奇心で22:30頃に血糖を測ってみたら、なんと50だった。

IMG_4626_20231012024412a24.jpg


イヤ~ッ!!低血糖の症状、あまりなかったよ~!
なんとなく、変かもしれない・・・と思った程度だった。
まぁ、変かも?と思ったから血糖を測ったんだけど。
(瞬きすると、小さい星がチカチカしているような気がした)

一応、ジューCグルコースを1粒と柿の種30gを食べてみた。

IMG_4635_20231012024657354.jpg



IMG_4636.jpg


で。
12日(木)になった頃、血糖を測ってみたら。
00:07  80

IMG_4645.jpg


あれ?なんか、上がり方が悪いんじゃね?
ってことで、クッキーを6枚食べてみた。

IMG_4642_20231012025928c83.jpg


念のため、もう一度、血糖測定を。
02:15  179

IMG_4643_202310120259260f4.jpg


イヤ~ッ!!なんでなんですの~?!
もう、ヤダ、この身体。
ここで、翌朝の血糖を80~100にするためにヒューマログを1.5単位ほど打ちたいけど。
そしたら、また低血糖になる可能性が、、、(T_T)

ぬ”~~~ん・・・どうしたものか~・・・
・・・。
あああ、もう、いい。
何もせず、このまま寝る!
夜中に低血糖になるよか、高血糖で目覚めて。
朝食前のヒューマログで調整する方がマシ!

ほんっと、しちめんどくせぇ~身体だなぁ。

まだ低血糖になる傾向があるようならば。
トレシーバを19→18単位にすることを考えなきゃ!だな。
夕飯後の散歩をした後、21:00に低血糖ならなんとかなるけど。
21:00過ぎに低血糖になるんじゃ、いつもは血糖測定しないもんで。
そのまま気付かずに寝ていて、夜中に大変な事態になっちゃう可能性があるから。

アタシャ~、防げるハズの低血糖や高血糖で死にたかぁ~ねぇ~んですわ。
大っキライな血糖測定してまで血糖コントロールしてるんだから。

コンチクショ~!しつこい低血糖め!(#^ω^)ビキビキ
いまにみてろよ~。
そのうち、、、
そのうち、コントロールしてやるんだからな!(怒)
・・・アタシから強がりとハッタリを取ったら何も残らないのだよ・・・



さて。
気分転換しよう~

11日の朝、起きてみたら(多分、ゆゆんの)変なニオイがしなくなっていた。
え?と思いつつ、兄が散歩に連れて行くとわりと元気に歩いたのだそうな。

IMG_4454.jpg


で。
帰宅後、門から入るのを拒絶、、、
何故、いやがるんだ~!と引っ張ったモヨウ ^^;

IMG_4574_202310120307467d0.jpg


縄文柴犬のスーに尻のニオイを嗅がれる、北海道犬・ゆゆん。
チャーは、さっさと嗅ぎ終わったようだ。

IMG_4064_20231012030729843.jpg



IMG_2955_20231012031500e2f.jpg



IMG_2830_20231012031501a18.jpg


毎日、対処するのが大変なことが起こったりするんだけど。
一つ一つ、対処していくしかないんだよねぇ ^^;
でも、明日は明日の風が吹く!と信じて。
とりあえず。
寝て、起きたらカラでもいいから元気出していこ~。

・・・ほんとにカラなのが、なんともいえないんだけどね・・・^^;



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2022年9月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












訪問に感謝
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
お気に入り
QRコード
QR