fc2ブログ

1型糖尿病の再診に行ってきた   ~白血球が多めと言われた~

2日(土)は、1型糖尿病の再診日だったので。
自転車でクリニックにGO~!

10:20、クリニックに到着。
中に入ったら、暑い!暑すぎる!!
一瞬でメガネが曇って何も見えなくなった ^^;

もっとも、アタシが院内が暑いと思うのは、多分他の人とは違う理由からだと思う。
だって、ウチは戸建てでも。
子供の頃から居間にストーブ1台だけ(エアコン無し)ってのが普通だったんで。
それで慣れているからなのか・・・
いまでも自室では外出用の上着や裏フリースのズボンなどで防寒したうえで。
パソコンデスクの足元しかヒーター入れてないから。
(それでも、外気温2℃の時に室温(頭のあたり)は15℃くらいある)
寒いのには慣れていても、暑いのには対処しきれないのかなぁ~ ^^;
だからね。
最近の夏の暑さには参ってるんだよねぇ。
しかも、自室はロフト付きだし!
夏は地獄よ、地獄!!

話がそれた。

で。
暑い!と思いながら採血してもらうために処置室に行ったらば。
なんと、、、技師さんたら、ペラッペラの半袖で平気な顔してるじゃないの。
そりゃ~、裏フリースのトレーなんぞ着てるアタシャ~暑いわけだよ ^^;
汗かいたもんね。

今回の採血は、腎機能や肝機能などを調べると聞いてたんだけど。
採る時に、”結果が出るのに1時間ほどかかる”と言われたのであった。

ん~、まぁねぇ~。
アタシが糖尿を発症した1979年は、外来で採血した結果が解るのは1か月後。
これが当たり前だったからね。
腎機能や肝機能だけでなく、一覧表が出来るくらいアレもコレもと、色々調べるならば。
時間がかかっても当ったり前だと思ってるんで、待ち時間は気にしない。
”結果は次回”って言われていたのは、大学病院から国立病院に転院しても、だったんで。
多分、2000年以降も、、、(もしかしたら2010年くらいまで)だったんじゃないかと思う。
それが、現在通院中のクリニックに転院してしばらくしたら。
”40~60分くらいかかる”になったと記憶している。
・・・いや、アタシの記憶はアテにならんけど・・・
(けっこう記憶違いが多いみたいだし、他の人より情報が入るのが遅いので)

そういえば。
”結果は次回”と言われていた時代に。
いまは亡き、母が検査を受けたと思ったら翌日くらいに大学病院から電話があって。
(長兄か次兄が電話に出た)
”今すぐ入院の用意をして連れて来て!”っつ~て。
母が緊急入院になったことがあったよなぁ ^^;
・・・本当に状態が悪いと電話が来るんだね~と思ったのを覚えてる・・・
   ↑
アタシが母の保険証を探したり着替えとか色々、入院の用意をしたんだけど。
淡々と、他人事のように行動してたな~。
母の緊急入院は初めてじゃなかったからかな。

で。
採血後、採尿コップを渡されるときに言われた言葉が印象的だった。
(実際には口で言われたのではなく、メモ書き(筆談)だったんだけど)
《メモリの25以上、入れてください》 だって。
ご丁寧に、マジックで印を付けられてた (笑)
だもんで。
思わず、写真撮っちゃったわよ。

IMG_5992_20240303035130a10.jpg
・・・ホンット、アタシったら何、撮ってんでしょ・・・(笑)


それというのも。
前回、前々回と、25よか少なかったからだと思う。
(この2回は、家を出る直前にウッカリ排尿しちゃったので出なかった ^^;)
なので。
今回は注意深く採尿コップに採って、50以上、入れたんだけども。
なんでか知らんが、やらかしても~た。

なんと、コップを入れる(升目になっている)台みたいの?に入れようとして。
不意に眼鏡がずれて、、、チョイと失敗しちゃってね。
床とか台に、こぼしちゃったんだよ~。
・・・一応、25以上、残ってたけど・・・

慌てて、トイレットペーパーでこぼしたのを拭き取ったけど。
(病院てのは病気の人が集まるところだし、透析施設があるんで。
当然、透析患者がいるし、免疫が弱っている人が知らずに触ったら、、、)
尿とか血液とかって、、、感染、、、心配かも?と思い。
検査室の人に、トイレで尿をこぼしたと伝えたらば。
掃除の人がやってきてキレイにしてた。
・・・すみません。あああ、また、余計な手間を増やしても~たぁ~(T_T)・・・

そして。
11:30に診察終了。

HbA1Cは、6.6%(先月より+0.3%)
・・・。
はぁ?なんでよ?1月にトレシーバを5単位も減らしたのに~!
納得がいかん!と言ったら、我が主治医、笑ってた。
笑い事じゃありませんことよ~、ムカムカムカ~ (#^ω^)ビキビキ

でも、まぁ・・・HbA1Cの移り変わりは。
2023年
09月 6.8%(えええ、、、7~8月って、なんかあったっけ? ^^;)
10月 6.4%
11月 6.3%
12月 6.3%

2024年
01月 6.2% (20日間でトレシーバを19→14単位に)
02月 6.3% (6日間ほどでトレシーバを14→17単位に)
03月 6.6%   

こんな感じだった。
アタシとしては、HbA1C6.5%くらいがラクなんだけど。
(それ以上下がると低血糖続きになる)
今年の2月の20日には、縄文柴犬のチャーが急死したので。
僅か2週間くらいだけど予期せぬ死によるストレスがスゴイと思うし。
実際、夕食後に散歩しているのに21:00の血糖が180くらいになった。
ヒューマログを増量しても、血糖が思うように下がりゃ~しない。

血液検査の結果は。。。
腎機能・肝機能はOK、だそうな。
(どれが腎機能と肝機能なんだか、解らん・・・
何度教えてもらっても、覚えられない・・・ ^^;)

血液検査



尿検査は、こんな感じ。
(ブドウ糖2+は、糖を尿で出すフォシーガを飲んでいるからだそうな。
これは血糖が高くないので気にしなくていいとのこと)

尿検査



尿検査



で。
尿検査の結果を主治医が筆談してくださったんだけど。
1月 細胞診はOK
2月 OK(何がOKなんですか~、先生…!わかりません!)
3月 白血球多め(細胞診ではないとのこと)
     ↑
白血球が多め、だぁ~?
そう思ったものの、その場では頭がイッパイで質問できず。
チョイと悶々としつつ、帰宅後に「白血球 多くなる理由」と検索したらば。

多くの場合は好中球の増加が原因。
細菌感染症やストレスが原因のことが多い

とのこと。

がん、心筋梗塞、事故などによる外傷なども原因となりえる。
白血病など、白血球が異常に増加する血液のがんもある。

ってことだけど。

ストレスなら、心当たりがあるゾ。
まぁねぇ~、2019年以降、ほとんどは寿命だけど。
次々にわんズが逝って、一時は10頭いたのが現在では2頭になっちゃったからね。
しかも、2020年以降は黒ゴマ毛の若い縄文柴犬(4~5才)が3頭、逝っちゃったし。
いまだって。
高齢の北海道犬・ゆゆんが、いつどうなってもおかしくない感じになってるし。
黒ゴマ毛の縄文柴犬・スーは先に逝ったわんズと血が繋がってるし腹が弱いんで。
これまた、急死する可能性ありだよなぁってことで。
ストレスがあるっちゃ~、ある。
っていうか、ストレスあり過ぎ。



わんズのことを考えれば考えるほど気分が沈むんで。
気分転換、しよう・・・

高齢の北海道犬・ゆゆん

IMG_5449.jpg



縄文柴犬・スー

IMG_5622_20240303041055f0e.jpg



IMG_5168.jpg


キレイなもの、可愛いものを見て気分転換して。
寝て起きたら、カラでも良いから元気出していこ~。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2024年2月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












訪問に感謝
検索フォーム
最新記事
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
お気に入り
QRコード
QR