丑三つ時に起きたら


パソコンの電源を入れた後・・・そのまま、寝てしまったらしく。
なんの因果か、丑三つ時に起きても~~た。

・・・たぶん、睡眠時無呼吸症候群が関係しているのかな~、と・・・
まだ、検査をしただけの段階で。
症候群かどうかさえ、わからないけど~ ^^;

起きたら。
パソコンの画面に、色とりどりの線が
シュ~ン!シュ~ン!
・・・と、勢いよく引かれては消え、していた・・・

スクリーンセイバーとかいうものだってのは、知っている。
だが。
その勢いのよい線が画面から飛び出してきて、ワタシの胸に刺さりそうな・・・
そんな錯覚に陥ってしまった。
こわい。
とてつもなく、怖い。

丑三つ時だから、なのか~?

その、怖さを紛らわすために。
ブログを更新しているっていう~・・・^^;

なんだか、身の毛がよだつ・・・のは、気温が下がってきているせいか。
なんだ、要らぬ心配だったわ。
だが、眠れぬ。
どうしたものか。。。

眠れぬ部屋の~・・・はじめちゃん・・・

なんてぇ~ことを書いている場合ではない。
寝なければ、夜が明けてしまうゾ!

ただでさえ、昼間に強い眠気に襲われて。
起きていられないくらいだというのに。

・・・というワケで、寝る・・・
朝の血糖が80~100くらいだといいなあ、と思いつつ。


IMG_4914.jpg


食後の低血糖


う”~~~~ん・・・
何がどうなっているんだか、解らんけども。
昼食の後、眠くて起きていられないなあ~と思って。
つい、寝てしまって・・・起きたら、夕飯前の血糖が高い!!
ってなことが続いていたと思ったら。

昼食後に眠いのは変わらないのに。
なぜか、急に食後低血糖になってしまったっていうね。。。 ^^;

1日だけなら、まあ、そういう日だったんだろうで済むけども。
2日続きで。
しかも。
低血糖っぽいから、血糖が上がるものを食べたというのに。
あまり血糖が上がらないっていう事態に。
なんなんだ。

ワタシの身体、緊急事態なのか~?
緊急事態なのは、脳ミソだけにしてくれ。
考えても理解できない脳ミソと。
血糖が上がるはずのものを食べているのに効果なしの身体が合わさったら。
どうにもならんじゃろぉ~~~~が。

にっちもさっちもいかず、途方に暮れちまわぁ~~!
なんで、急にぶどう糖で血糖が上がりにくくなっちまったんかなぁ?
ワケわからんぞ。

体質が変わったとか、そういうこと・・・なのかな。
いや、それにしても。
あまりに上がりにくすぎて、大変なことになりそうなんだが。
まだ、防げるはずの低血糖で死にたぁ~ないよぉ~~

ただいま、どうしたもんかな?と思案中。


気分転換、しよ・・・

IMG_4999.jpg


大切なのは・・・


はぁ・・・
6月6日の昼過ぎから低血糖になり。
血糖を上げるために、シュークリームを食べたら・・・
夕飯前の血糖がガ~~~ンと上がってしまい。

えらい目にあったわぁ~~

で。
瞬きした時に、まぶたの裏に星が見えるくらいの低血糖は久しぶりだったんだけども。
大切なのは。。。
そういう事態に陥った時に、どうするかってことを考えておくことだなぁ、って。
まあ、低血糖なので。
血糖を上げるものを飲んだり食べたりすればいいんだけども。
血糖が低くて、すごい焦燥感がある時には。
ついつい、血糖を上げ過ぎてしまう傾向があるんだよねぇ~~

なんたって。
あまりに血糖が下がり過ぎると、自力で移動するどころか。
脳ミソがうまく働かない状態だったりする。

ワタシは、動けなくなったことはない。
けど。
低血糖の時に、おかしなことをするらしく。
・・・自分でも、なにやってんだよ~と思っている時もあった・・・
でもね。
糖が足りなくて、脳がちゃんと働いていないんで。
自分でも変なことしているなあ、とわかっていても止められなかったりして・・・^^;

高校生の時。
朝、起きてきたな~と思ったら。
冷蔵庫のドアを開けたり閉めたり・・・ってのを繰り返した・・・らしい。
自分の記憶にも、ちゃんとあるんだけど。
・・・自分じゃ、止められなかったんだよぉ~~・・・
止まったのは、クチに砂糖を含んで数分後、血糖が上がってきてから。
眼もね、どこを見ているんだかわからなかったらしいよぉ~ ^^;
あ”~~~~ こわい。

そして。
行動がおかしくても、動けるのはまだいい方で。
さらに低血糖が酷くなると・・・意識を失うのだそうで。
(ひとによって違うと思うけど血糖20くらいで意識を失うと言われている)
それを避けようとするみたい。
生存優先!ってことなんだろうね。
糖を必要とすること、すべて排除!ってな感じ。

(ワタシは意識を失うほどの低血糖の経験がないけど)
血糖が低くなりすぎて意識を失って
糖が足りないために、脳の大事なところに酸素が行かない時間が長くなると
脳が酸欠になり・・・
生命を維持する、大事なところに障害が起きると
その後、血糖が上がっても意識が戻らない、ということがあると・・・
意識が戻らないまま、亡くなることがあると・・・
いまは亡き、2型糖尿病だった母に聞いたことがある。

(血糖が高すぎても同じことになるらしい)

たいていは、意識を失っても。
血糖を上げれば、意識が戻るらしいけど。
脳に障害が出る人がいるとかいないとか~・・・言ってたなあ・・・

母は血糖の管理を積極的にしない人だったけど。
病歴が長いので、いろいろなことを小耳に挟んでいたようで。
・・・もっと、たくさんのことを聞いておけばよかったなあ、と今更おもう・・・


さて。
気分転換しよう~

IMG_4788.jpg


やっぱり、靴は大事


やっぱり、足に合った靴は大事だなぁと思う。

足に合っていないと、歩くこともままならない。
と、いうことは。
散歩命!のわんズの散歩も・・・
まあ、省略しちゃおっかな~なんて気分になりがちに。
・・・散歩に行かないなんて、わんズは許しちゃくれないけど・・・

1型糖尿病患者の、ワタシ。
食事と運動、インスリンを組み合わせて血糖コントロールしているんだけども。
スッと楽に足を前に運ぶことが出来る靴を履いている時は血糖もいい数値に。
足に合っていないものを履いている時は、どうしても時間が短くなるので。
血糖値が高めになる傾向に。

よし!これだ!と思って。
新しい靴を買っても。
足に合わないかもしれないな、という気持ちが心のどこかにあるもんで。
古いのをなかなか捨てることが出来ず。

だったんだけども。
今回、買ったのと同じ靴を2足(色違いで)、注文してあるので。
思いきって、履いていたのを捨てようかと。。。

どんな状態まで履いていたか、といえば。

捨てるのは、この2足。

IMG_4726.jpg

底は、こんな感じ。

IMG_4732.jpg

靴底のゴムは剥がれるわ、ツルツルになっているわで。
急に降り出した雨がイヤだったなぁ。。。
底から水が滲みてきて、足ウラがびっしょりになったし。
タイルの上など歩こうものなら・・・滑って危なかった。

最初は、靴の中で足が遊んでいる感じだけだったけど。
だんだん、腰もふくらはぎも、足ウラもカカトも痛むようになり。
終いには、腰から下全部、一歩踏み出すごとに痛かったんだから。
やっぱり。
足に合った靴ってのは、大事だな~と思ったね。

長距離を歩くのに、サンダルじゃ、疲れてしょうがないからね~
足がつっちまいそうになったもんね、こないだ。
昨年の、夏から秋にかけて。

・・・犬が臭いを嗅ぎに来た・・・^^;

IMG_4730.jpg

どんなニオイがするんですかね~? ^^;
なんで、嗅ぐ?
そこまで近づかなくても、鼻がいいんだからさ~

そうか。
そんなにこのワタシ、主人が好きか~!

・・・そんなワケなかろう・・・習性だ、たぶん・・・


さて。
気分転換しよう~

IMG_4968.jpg

靴の臭いを嗅いだあとで、こんなカオをするくらいならば。
嗅ぐなよ!!

傷ついただろがぁぁ~~~ (´;ω;`)


靴、見つけた~!


靴が、こんな状態になり。
もうダメなので、新しいのを探していたんだけども。

IMG_4714.jpg

大人の足だけど、21、5センチなので・・・
店頭にはなかなか無く。
探しまわっていたら・・・

わりと家の近くの靴屋で発見!
22センチだけど・・・。

IMG_4725.jpg

ダメになったのは、どうしてもサイズが無かったので。
ムリをして、22.5センチを買って。
中敷を3枚、入れて履いていたのだった。
・・・それでも緩かった・・・^^;

この黒い靴、履いてみたら、やっぱりいい。
紐を結ばずに、足を入れただけで気持ちが良かった。
しっかり足を包まれている、安心感があった。

もう、グレーの靴には戻れない。

なので。
黒い靴を見つけた店で。
同じ物の22センチがあったら取り置きを!とお願いしてきた。


さて。
気分転換したら、もう、寝よう~

IMG_0171.jpg


プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(アメーバ・ゆゆんのつぶやき)

聴覚障害あり 

たぶん、1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。 



にほんブログ村

FC2 Blog Ranking



検索フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひつじ
リンク
QRコード
QR