超速効型インスリン、すごい!


昼前の、超速効型のインスリン
ノボラピッドを打ち忘れたことに気付くきっかけは。。。
ひどい頭痛があったために、血糖測定をして・・・だった。

測定の結果、222 という、高血糖で。
この血糖値のまま、夕飯を食べるわけにはいかないと思った。
だって、せっかく気付いたのだから。
高血糖であることに気付かなかったなら、仕方がないが。

16:00過ぎに気付いたので、慌ててノボラピッドを3単位、打ったのだが。
(夕飯までに100前後まで下げるには、2単位でいいかなとも思ったが)

夕飯前の、18:00には 127になっていた。

超速効型のインスリンって、すごいなあと思った。
打ってから5分後くらいから効くということだけど。
効きすぎなんじゃないかな?とも思う。

こんなに キュキュッ!!と すぐに効くと。
打ち過ぎたら、大変なことになるなあ、と。。。

いつもと違う打ち方をした時は 要注意だな。
ひどい低血糖にならないように。
マメに血糖測定することが必要かもしれないな。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント