FC2ブログ

39年前に若年型糖尿病を発症した当時のこと

なんとなく、思い出したことを書き綴ってみる。
若年型糖尿病を発症した当時からのことを。

*****

39年前の、中2の夏休みに入ってすぐに。
自室が急に。
モモが腐ったような、甘酸っぱいニオイが充満し。
そのニオイは・・・
どこに行くにも、付きまとい。
トイレでも、風呂上りに服を着る時でも、関係なく、していた。

当時、母が成人型糖尿病で。
日に数回、インスリン注射を打っていたので。
てっきり、そのニオイは母のものだと思っていたんだけれども。
(ワタシがいく先々で匂っていたんだから、母のワケが無いと、いまなら解る ^^;)

で。
なにやら、ワタシの異変を感じたらしい母が。
嫌がるアタシを開業医に強制連行し。
そこで、尿を取ったもんだから、さぁ!大変!!
医師が慌てて大学病院の小児科宛の紹介状を母にたたきつけ。
「すぐに、大学病院へ!!」 
・・・てな、やり取りがあったらしい・・・
(開業医に連れて行かれたことは覚えているが、その後のことは記憶無し)

で。
これまた、母によって大学病院に強制連行され。
小児科外来で診察を受けたら。
・・・なにやら、白衣の、鬼瓦みたいな顔した男の人が・・・(ーー;)

なんだか知らんけど。
即!強制入院・・・となり。
小児科病棟に入れられちまったっていう~~・・・ ^^;

血糖が800を超えていた、と母から聞いたけど。
病棟で看護師から聞いた数値は・・・1000を超えていた・・・
どうやら、糖尿病の母に配慮した、らしいんだけど。
なんなの、配慮って・・・^^;

結局。
アタシの血糖値を聞いた母は、外来で点滴を受けるハメになった、らしい。
《半日~一日、来るのが遅かったら死んでいたかも》 と言われたんだとか。

・・・アタシャ、車いすに載せられて病棟に運ばれたことは覚えているけど・・・
あとのことは、記憶にないんだなぁ、これが。
気が付いたら、2~3日、経っていたって感じ。
(昏睡はしてないけど、ボ~ッとしていて、起きていたけど半分寝てた感じかな)
眼は開いていたけど、感情もなにもなく。
確かに自分でトイレに行ったし、ご飯も食べたハズだけど。
夢の中で傍観しているって感じだった。

なんというか。
ただ、息している感じだったのを覚えている。
自分で自分を、なんか変だ・・・と思うものの。
どうにも出来なかった。
もしかしたら。
血糖が高くてボ~ッとしていたのかもしれない。

いま、思うに。
この状態って、けっこう、危なかったんじゃねぇ~でしょかぁ~ ^^;

ああ、怖い。
気温が高く、座っているだけで汗が流れるってのに。
背筋が寒くなっちまったわ~



もう、気分転換して寝よう・・・

たぶん、眼を開けていても・・・こんな感じだったんじゃないかな、と。

IMG_1761 (2)


IMG_2974.jpg


看護婦さんが話しかけてきたのはクチの動きで解ったし。
ベッドで何度も採血されたのも、なんとなく解っていたけど。
反応できなかった。
されるがまま~~~

(ある時から、筆談になったので。
自分で「耳が聞こえないから書いて」と言ったのかも。
でも、文字を眼で追うだけで。
内容を理解するってのは、出来なかったなぁ・・・^^;
たぶん、ちゃんと脳が働いてなかったんだと思う)

・・・低血糖の時って、いつもは難なく解ることが理解できなくなったりするんだけど。
計算とか、いろいろ。
もしかして。
高血糖の時も、同じ症状が出るんだろうか・・・?

これは、インスリンを自己注射を開始する前のこと。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。


*****

 
にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村




アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
34位
アクセスランキングを見る>>
ひつじ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR