犬散歩に困惑


うちの、柴わんズ。

IMG_6548.jpg

座った状態のまま、にじり寄る、♂柴。
迫り来る、♂柴。

暑いから、クールベストを着せているというのに。

どうして、昼間の、イッチバン暑い最中に!
散歩の誘いをしてくるんだぁぁ~~~!
♀まで一緒になって。
・・・泣くゾ、こら・・・ 

どうして、アルジを犬散歩の誘いで困惑させるんだよ?

朝、涼しいうちに散歩に連れ出したってのに。
何故なんだ。
そんなに頻繁に散歩に行っていたら、ワタシが疲れてしまう上に。
暑さにやられて、へたってしまうではないか~!
んでもって。
ワタシが低血糖になっちまったら、どうするんでぇい!

もしかして。
ワタシが夏バテしているところを見たいとでもいうのか? (ーー;)

どうして犬ってぇ~のは、散歩とごはん命♪なんだろうねぇ~?
・・・オヤツを買って帰ろうもんなら、よだれ垂らして待ってるもんね・・・(ーー;)
どうして、たくさんあるものの中にオヤツがあるってことが・・・わかるんだよ?
怖ろしい鼻だ。

でも、まあ・・・
その、とんでもなく鋭い鼻で。
ワタシ自身が気付いていない低血糖とか高血糖を嗅ぎつけて。
ジ~~~ッとみつめてくるってのは、ありがたいね。

鼻、さまさま。
・・・ただ、ワタシが何を訴えてきてるのかってのに気付かないだけで・・・
でも。
「もしかして(血糖問題か)?」という、疑問がアタマをもたげるので。
血糖を測って確認するキッカケになっているのは、確か。

大正生まれの、いまは亡き父が言っていたんだけども。
昔の医者は、患者のニオイで病気の予想というか、見当をつけていたのだそうで。
すごいなあ、と思うんだけどね。
(たぶん、学生の時に教えられたか経験からなんだろうね・・・)

犬は、といえば。
教えもしないのに、空中に漂っているらしい臭いを嗅ぎつけ。
美味しいものをねだり。

アルジである、ワタシの・・・体臭なのか血の臭いなのかは知らんけど。
低血糖や高血糖の時には、特有の臭いがあるんだろうね。。。
とにかく、嗅ぎ分け、ワタシに教えるっていう・・・。
(最近、手の甲を舐めてくるようになった。そして、褒美をねだる・・・(ーー;))

子は親の背中を見て育つ、っていうけど。
犬はアルジの顔見て育つ・・・んだろうか・・・
やっぱ、犬がゴキゲンな様子だと、こっちだって嬉しいもんで。
ついつい、誉めたりオヤツをあげたりしちまうもんなぁ~~~~

おもしろいもんで。
犬たちは、ワタシが怒っている時には近づかないんだ。
もしかして。
喜怒哀楽、どれをとっても臭いが違うんだろうか?って、犬に聞いてみたいね。
聞けるものならば。

まあ、なにかと犬に言うことをきかされている身であるが。
たとえ、こんなカオをしようとも・・・可愛いので。
時に、可愛さ余って憎さ百倍!と思うことはあっても。
・・・なんだかんだで、結局、可愛いので・・・

IMG_5324 (2)



IMG_6563.jpg


散歩に連れてってぇ~~~ なんてぇ~甘えた顔をされると。
ムリのない範囲で、散歩へ・・・と言うことになるのであった。

気分はドナドナ。
♪ある晴れた昼下がり~♪ だよ、ほんとうに。
行先は市場ではなく、木陰のある近くの公園だけど。

暑い道路を~ トボトボと~ わんズと並んで行きました~ 
・・・思わず、月の砂漠の替え歌を歌っちまうよぉ~・・・


さて。
気分転換しよう~

IMG_7721.jpg

わんズが寝ている時が一番平和だね・・・


IMG_7769.jpg


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(アメーバ・ゆゆんのつぶやき)

聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。 



にほんブログ村

FC2 Blog Ranking



検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひつじ
リンク
QRコード
QR