低血糖の時、高血糖の時 ~柴わんズの反応~


ワタシが低血糖や高血糖の時に。
うちの柴わんズは、低血糖アラート犬のようなことをするようで。
いつもワタシに訴えかけてくる・・・ようだ。
(兄に言われて気付いたっていうね・・・(ーー;))

ワタシ本人は、といえば。
あとになって 「そういえば、あの時・・・」 と気づくのであるが。
血糖を測った時には、まだ、気付かず。
数時間が経ってから、気付くっていう・・・ ^^;

いや、数か月から半年がたったあたりで。
ん?って、突然、気付くことの方が多い気がする。
・・・この鈍さに問題あり・・・
よく死なないものだなあ、と感心するわ。。。

ワタシの血糖に合わせた、柴わんズの行動は・・・といえば。

低血糖の時は。
ワタシの手が届くか届かないかくらいのところで。
ひたすら、真顔でワタシをジ~~~~~~ッと見てくる。
手の甲を舐めてくるときもある。
ハッキリ言って、柴犬の真顔は怖い。
怖いので。
こら!何を怒ってんだ、笑え~!と言うのだが。
怯まず、さらに・・・さらに~~~~~ ジ~~~~ッと見てくるっていう。。。

黙ってちゃ、わからんがな。

高血糖の時は。
低血糖の時と同じく、ワタシの手が届くか届かないかくらいのところで。
なにやら、わんズの間で話し合いをしているような雰囲気を醸す。
そして。
なぜか、ワタシが触ろうとすると、逃げ惑う。。。

なんでだ!
なにも、逃げ惑うこたぁ~~~・・・なかろ?^^;

ムカッ腹が立ちつつ。
なんとなく、変な感じがするので血糖測定をしてみると。
高かったり、低かったりっていう感じ。

低血糖の時は、速やかに対処せねばならんので。
まあ、血糖を上げるべく、クチに含むものを探して対処。

で。
対処している間に、わんズの行動なんゾ。
す~~~~っかり、忘れちまってるっていう。。。

だが。
おかしな行動をとっているわんズの機嫌を取るために。
オヤツを進呈してしまう。

これも、あとで気づいたんだけども。
低血糖に対処して、血糖が上がってくると・・・オヤツが無くても近づいてくる。
そして。
ワタシのズボンに背中をスリスリと~~~~・・・

この、背中をスリスリするのを。
猫じゃあるまいし、なんなんだ?と思っていたんだけどね。
気付けば、可愛い奴だなあ、なんて思い始めた。

高血糖の時は。
よほどの数値でなければ、超即効型で補正せず、放っておく。

すると。。。
オヤツをもって、わんズの前に行っても。
奴らはオヤツだけ、サッと受け取って。
けっして、ワタシが手をのばせば身体を撫でられる距離にはいない。

オヤツだけ受け取ったら、スッと離れるなんて。
調子がいい奴らだな~と 苦々しく思っていたんだけども。
高血糖の時って、いつもとは違うニオイがしているのかもね~・・・

日本でもアラート犬を養成するといいのになあと思う。
待ち焦がれている人、けっこういるんじゃないかな。。。


さて。
気分転換しよう~

IMG_4864.jpg


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(アメーバ・ゆゆんのつぶやき)

聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。 



にほんブログ村

FC2 Blog Ranking



検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひつじ
リンク
QRコード
QR