雑記


掃除をしていて思ったこと。
古いものならば。
スッキリ捨てられるよなぁ、と思うんだけども。

思い入れがあると、なかなか捨てられなかったりして。

物ならば。
劣化してボロボロになったりするので、捨てやすい。
でも。
これが、記録や記憶だったりしたら・・・
捨てるのは容易ではない。

とくに。
闘病関係だったりすると。
昔があるから、いまがあるんだよな~なんて感傷に浸ってしまう。
昔は大変だった。
今は昔よか、便利になったし楽になったのに。
なぜ、病状が良くなるどころか、悪化しているのか、と。

経年劣化かもしれないんだけどね。
身体の各部と、新陳代謝の。

若い頃は、ムリがきいた。
だが、いまとなっては・・・

体力や筋肉は落ちるわ、気は短くなるわ。
あまり良いことがない。
なぜだ。
若い頃から、忍耐を培ってきたハズ・・・ではないのか~!
・・・と、誰に言うでもなく、わりと大きい声で叫んでしまったりして・・・

自分にとって、都合の悪い記憶なんゾ。
キレイすっぱり、恥とともに・・・
かなぐり捨てる、いや、かき捨てる?
・・・ってなことを、したいんだが・・・
なぜだか、そういうものってのは、かなりの期間、覚えているんだな。
困ったものだ。

14才の夏に 「若年型糖尿病」なるものを発症したんだが。
これが、すい臓でインスリンが作れなくなる病気、とのことで。
しかも。
インスリンってのは、生きるのに必要不可欠なものだってのに。
生きるのに十分な量を作れないってんで。
日に複数回の、インスリン注射が必要な身の上になった。

だが。
若い頃は。
まだ、未成年だった頃かな~
血糖測定器が一般的ではなく、尿糖試験紙で検査をしていた頃。

自分だけは、インスリン注射をしなくても生きられるかも!
・・・なんていう、何の根拠もないことを思い・・・
1日半、インスリン無しでご飯を食べる、なんてことをしたのだが。

血糖がかなり高くなったらしく。
なんだか、あしがムズムズするというか、ジッとしていられない感じになり。
どうにもならず。
結局、トイレで尿糖を測ったら、+4だったりして・・・
時間を変えて測ってみたけど、いつでも+4(試験紙の一番悪い状態)で。
とても焦ったのを覚えている。
次第に、発症した時のような、モモが腐ったようなニオイ・・・
甘酸っぱいニオイが充満したし。
なんだか、息をするのも かったるい状態になり。
頭痛はするわ、妙に眠いわで。
全身、調子が悪く。
命のキケンを感じて、慌ててインスリンを打ったことがあったのだが。
救急車の世話にならずに済んで、なによりだった。

こんな記憶は要らないんだけどね。
たぶん、墓場まで持って行くんじゃなかろうか。。。^^;


さて。
気分転換しよう。。。


IMG_4519.jpg


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(アメーバ・ゆゆんのつぶやき)

聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。 



にほんブログ村

FC2 Blog Ranking



検索フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひつじ
リンク
QRコード
QR