節分の夜に思うこと


2月3日(金)
夕食後に、わんズと散歩に行ったら。
なんだか、柴わんズがしきりに地面に鼻をこすりつける仕草を。

なんだろな?と思って歩いていると。
アスファルトの上で、足ウラにジャリッという感触が。
何かがつぶれている。

ん~?と思いつつ、確認しようとしたらば。
♂がすかさず、パクッ!!としようとしたので寸止め。
こら~!!と叱り飛ばした。
変なもんだったらどうすんのさ。

で。
確認したら、マメだった。

そっか、節分だよね~って納得。

そういえば。
最近は節分っていうと、恵方巻がチラシに載っているけど。
買わないなあ。
豆さえ、買わない。
今年からは、とくに。

だって。
ワタシは30年以上、糖尿病だし。
兄は、昨年の5月に糖尿病であることが発覚したし。
極力、血糖を上げるものは避けたいなあということで。

そのわりには。
夕食後のデザートを食べている気がするけど。

まあ、完全に好きなものを食べないなんてムリだし。
少し緩めにしているんだけど。
散歩前に食べるならば、カロリーを消費するし。
血糖も、少しは下がるはずだし。
ってことで。

ムリをしすぎると、反動がね。
スンゴイからね。
元に戻すなんて、至難の技ってなことをゴロゴロ。
経験済みなんで。
気をつけないとね。

糖尿病ってのは。
一生、付き合わねばならない病気だから。
とくに、1型糖尿病のワタシは。
インスリンとは切っても切れない仲なんで。
いやんなっちまうねぇ~~~
インスリンは命綱だけど。
本当は、身体に針なぞ、刺したくないと思っている。
でも。
注射し続けるしか、生きる道が無いんだ。

「生きられる命があるなら、生きろ」と。
14才の時に病棟で一緒だった子ががんで亡くなる前に言ったし。
戦争を経験した父にも、同じことを言われた。
なので。
せいぜい、命を縮めないよう、合併症予防に力を入れようと思う。
それしか、ない。
合併症が出ちまったら。
・・・もう・・・先が見えてきちまう・・・

真綿で首を絞めるように、と言われる。。。糖尿病の合併症。
ジワジワと、、、、って。
透析寸前で亡くなった母の、合併症の進み方を見ていて。
悩みが増えていくのを見ていて、そう思った。


ある程度以上、合併症がすすんでしまうと。
変異してしまった組織(内臓とか神経とか、いろいろ)は元に戻らない、というから。
血糖コントロールは真面目にしないと。

でも。
まあ、病歴が長くなってくると。
年をとるワケで。
白内障や網膜症は無くても。
老眼ってものが。。。
なので。
少々の不自由は、しょうがないのかな。


さて。
そろそろ、寝なければ。
2月4日(土)は、1型糖尿病の診察を受ける日だから。


その前に、気分転換を。

IMG_9607.jpg


・・・なんじゃ、こりゃ・・・

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(アメーバ・ゆゆんのつぶやき)

聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。 

にほんブログ村

FC2 Blog Ranking



ひつじ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR