理由を問いたいし、知りたい ~なぜ、人数が少ない方が 1 なのか~


最近、知り合いが亡くなってから。
ずっと、考えていることがある。

言い方が悪いかもしれないけど。
治らない病気だけど、効く薬があって良かったな、って。

1型糖尿病。
とりあえず、早期発見・早期治療で。
インスリンを打っていれば、死なないと言われている。
・・・極端に血糖が高いとか低いっていうのでなければ・・・

自分に合った、インスリンを使うのがイチバンだけど。
血糖が300くらいならば。
すぐに死ぬということは無いので。
時間がかかっても、身体に合うインスリンを見つければいい。

インスリン。
発見されたし、薬として使えるようになって。
本当にありがたいことだと思う。
発症が解ってから、即、日に複数回のインスリン注射を開始した。
それで、命を取り留めたのだ。

ワタシが糖尿病を発症した頃は。
すい臓でインスリンが作れないタイプは「若年型」と言われていた。
少し時間が経ってから、「インスリン依存型」となり。
現在は・・・
「1型糖尿病」と言われるようになった。

で。
この、呼び方が変わってきたことを考えるたびに。
知りたいな、と思うのは・・・
どうして、30数年の間に、2回も変わらねばならなかったのか?ってこと。

そして。
どうして、糖尿病患者全体から見て、患者の少ないタイプが・・・
「1型」 なのか?ってこと。

ふつうならば。
数が多い方を 「1」 とすると思うのだが。

これ、何人かに聞いてみたんだけども。
うやむやになるばかりで。
なんだか、スッキリしない。

決めた人がいるはずなんだからさ。
理由?
根拠?
なんていうのか、わからないけれども。

これ、知っている人がいるはずなのになあ~と・・・。

こういうこと、みんな、考えないのかなあ・・・ 


IMG_7310.jpg

こんな感じで・・・たそがれちゃうんだわん・・・


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント