FC2ブログ

脳神経外科でMRI ~指もみとツムラ31(ゴシュユトウ)~ 

30日(火)の午後に。
視界がギラギラに見える閃輝暗点(せんきあんてん)。
それが20日(土)の早朝と27日(土)の夜にあったということで。
1型糖尿病絡みでかかっている眼科からの紹介状を持ち。
頭(脳?)のMRIを撮ってもらうために、脳神経外科に行ってきた。

両耳ともに失聴しているアタシ。
筆談してもらうことが必要なので、問診票の上の方の余白ににデカデカと。
「両耳ともに失聴していますので、筆談お願いします」と書いてみた。

受付で診察までの流れとか、色々書いてくれたけど。
・・・う~ん、なんか、耳が聞こえない人に不慣れなのかな・・・
そんなことを思った。
でも、拒絶されたわけではないので大丈夫!と自分に言い聞かせ。
・・・紹介状を持って行ったし、大丈夫だよなぁ、たぶん・・・
そんなことを考えていたら、なんとなく頭痛が ^^;

診察室に呼ばれるまで、待合にあるTV画面かなぁ~?
なんていうか忘れたけど、とにかく画面に医師らしき人が映っていて。
・・・ネットで脳神経外科の場所を調べた時に見た顔だった・・・
手(指)もみの仕方を日本語字幕付きで流していて感動。

しばらくして。
診察室から出てきた人の顔を見たら、画面の顔と同じで。
しばし、ボ~ッと。。。
誰かと思ったら、院長だったわ~ ^^;

で。
紹介状など、アタシの目の前で眼を通したり。
アタシに症状など聞いたりした後で「MRIするから」と言われた。
・・・その前に、リハビリ室みたいなところに連れて行かれて・・・
作業を指導する人から指もみの実演、一緒にするようにと。
毎日、朝と晩、するようにと・・・言われたのであった。
その後、ウオーターベッドって言ったかなぁ?
それに仰向けになり、下からわりと強めのシャワーみたいなのでマッサージされた。
これが、気持ち良かった。
15分くらいでマッサージが終わった時に。
それまで肩や首、背中、尻やふくらはぎなど、コリコリになっていた所が軽くなっていた。

そして。
しばらく待たされてからMRI(頭)を撮りに行くことに。

検査の前に、同意書に記入。
・・・同意書って、、、何か不具合がある可能性あるんかぁ?・・・
色々考えたら不安になってしまって。
実際に検査室に入って台に横になり、頭が動かないようにされ。
手に何か持たされたと思ったら、ス~ッと寝ている台が動いてドッキドキしてた。
寝る前に目は閉じる?と聞いたら頷いたので、そのようにして。
背中にハッキリ感じる振動が気になったし怖かったけど。
途中で動いたらやり直しになって怒られるかも!なので、必死で深呼吸しつつ耐えてた。
・・・自分で、腹で呼吸してるってハッキリわかった・・・
もしかして、過呼吸だったのかも、だし。
血圧を測ったら、けっこう高くなっていたかも? ^^;
終わった時、身を起こして台から降りたらふらついたんだよぉ~。
なんていうか、放心状態だったようで。
・・・お願いだから、振動があるとか、そういうのをシッカリ説明してください・・・

(そう思ったところで。
もしかして、これって保健所に捕獲される動物と同じ気持ちなんでは?と考えてしまった)

初めての病院で、しっかり筆談してもらえるかどうか解らないし。
同意書を書かされる検査なんて考えるだけでクラクラした。
うっかりヘアピンとか取り忘れたらえらいことになるかも?だったし。
緊張しっぱなしで。

そして、診察。
頭を上から見た図というか、頭蓋骨に脳ミソが詰まっているのを見せられた。
頭を真ん中からタテにスパッ!と切ったようなのも。
結果は、「緊急性はない、脳の中に症状の原因はない」とのこと。
(緊急性があるところは、白く写るらしい・・・)

で。
「原因は、自律神経の緊張」と言われた。

なので。
(自律神経、身体、心を)緩める必要があるんです、と。
「指もみを朝と晩に5分ずつやってね~。とにかく、習慣化!!」
だそうで ^^;

・・・いや、そんなに強調せんでも、、、と思ったけど黙ってた・・・

んでもって。
片頭痛の薬が処方されたのであった。
ツムラ31ってのは、毎食前に。
そのほかの錠剤は頭痛がある時に飲むように、って。

で。
ツムラ31(漢方薬)の袋に書いてある漢字が読めなくて。
検索したら、ゴシュユトウ・・・だそうで。
呉茱萸湯って、呉(ご)しか読めず。
それ以外の字は、習ったかなぁ~?状態ですわ ^^;

ゴシュユトウは、身体を温めて頭痛を治す薬だそうな。
内容を見たら、大棗(タイソウ)、呉茱萸(ゴシュユ)、人参(ニンジン)、生姜(ショウキョウ)だって。

で。
ゴシュユってなんだ?と思って検索してみたら。
中国原産なんだそうで。
そりゃ、字が読めなくてもまぁ、納得した。

もう一つ、漢方薬について謎が頭をもたげたので調べてみた。
そのナゾは、「漢方薬 何番まである?」。
検索してみたら、漢方jpというページを見つけた。

タイトルは「漢方薬の製品番号 その意味は?
・・・読んでみたら、”製品番号は漢方薬を書かずに済ませる方法だった”ですって・・・



さて。
肩が張ってきたんで、気分転換して寝ることにしよう~

アタシが脳神経外科に向かう時や結果を聞く前は、こんな顔だったに違いない・・・

IMG_0642.jpg


んでもって。
顔色は、こんな感じの「顔面蒼白」だったんだろなぁ~
(閃輝暗点とは関係なく。
糖尿病性網膜症の初期症状「点状出血」があるって眼科医に聞いてたし)

IMG_0637.jpg


脳に異常なし、って知った時は。
視界が白黒からカラーになったような気さえしたわ~。

IMG_0669.jpg


まぁ、とりあえず。
体中、アチコチ凝りまくっているんで。
朝と晩に(手と足の)指もみをしっかりやって。
ついでに、肩なども回したりさすったりして。
筋肉の緊張を解いてみることにしよう。

2週間後に脳神経外科の予約を取ったので。
マッサージの効果が知りたいから。



関連記事

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何事もなく良かったですねぇ。
ストレス、ありますよね。毎日毎日血糖とにらめっこしてるのだから。それでも、ご自分を保っていらっしゃる、それだけで偉いと思います。
余談ですが、漢方薬の飲み方、医者は何も知らないので教えてもらってないのでは、と思って。
漢方薬で〇〇湯と、最後に湯とあるものについては、熱いお湯で溶かして、熱いうちに飲みます。もともとは薬草を煎じて飲むものですが、現代ではエキスを抽出しているのです。お湯でとくことで煎じた状態に近くなり、香り成分も出ます。香りも薬の効果のひとつなのです。エキス剤のまま飲むと香りがありません。
あまりお湯の量が多いと香りが薄くなるので湯呑位の量で。その処方があっているときは美味しく感じますよ。

Re: No title

>はへほさん

ありがとうございます。

え、、、漢方薬の飲み方っていうのがあるのですね。
今回頂いたのも、○○湯ですから熱い湯で溶かしえ飲むものなのですね。
水で飲んでいたのですが、苦いのに、、、湯に溶かして飲むとは。
苦みを強調するような気がしますが、美味しく感じることを祈ります。

いえ、美味しく感じる湯の量を試行錯誤することにします ^^;

No title

お疲れさまでした~。
何事もなくてほんとによかったですね♪
 
病院は行くだけでぐったり疲れますし
糖尿だといくつも科に罹らないといけないし大変^^;
私も、糖尿で入院した際、自律神経のことをお医者さんに指摘されました。
舌が腫れているのと、喉が腫れやすいので。
何かしら膵臓と自律神経は関係があるのか?
ま、体はひとつですしね・・

だもんで、気が付いた時に指もみもみしてますよ(笑)
100均のハンドグリップやってみたり・・^^;

気長にがんばりましょうねー

Re: No title

>権蔵さん

コメントに気付かず、返信が遅くなりました。
 
そうですねぇ、糖尿は内科と眼科にかかることになりますし。
合併症がすすめば、それも他の科で診ていただくことになりますので。。。
お金も体も大変ですね。
(うちの2型だった母が大変でした)

自律神経、大事ですね。
今回のことで身に染みまして、もう来なくていいよ~と言われるまで脳神経外科に通おうと思います。

お互い、気長に、、、ですね ^^v
プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2020年7月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












訪問に感謝
検索フォーム
最新記事
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お気に入り
QRコード
QR