FC2ブログ

寒いけど ~そういえば神経痛がでないな、と~

血糖のコントロールが大体うまくいっているので。
ちょいと血糖がらみではない事を書いてみる。
・・・こういう時でなきゃ、心に余裕がないんで書けないから・・・

ひとりごとです。

*****

ここんとこ、風が冷たく気温が低い日が続いていて。
実は、いま、のどが痛い。
風邪をひきそうな予感がする。

で。
大抵、こういう時ってのは左足だけ坐骨神経痛が出るんだよなぁ~
と、思ったんだけど。
なぜか、神経痛が出ない。

そういえば、昨年秋以降、坐骨神経痛の痛みを感じていない気がする。
これまでと同じように、朝食後と夕食後には・・・
それぞれ45分から60分の犬散歩をしているというのに。

以前と何が違うのかな?と考えてみた。
左脚だけの神経痛やふくらはぎ、アキレス腱の痛み。
それで歩きにくくなったのは、いつからだったっけ?

ん”~・・・
20年ほど前に父が余命宣告を受けた時、アタシは会社を辞めて世話に専念。
で、父が亡くなった頃はまだ大丈夫だったと思う。
でも、その後。
ハローワークから障害者枠で面接を受けたスーパーに就職。
主に、バックヤードでキュウリの袋詰めをやっていたんだけど。
年末には、丸の白菜やキャベツにテープをグルッと巻くのをずっとやらされて。
腕が痛くなり、肩から上に上がらないし物が持てないばかりか握れなくなったので退社。
そして。
左→右→左の順で、治っては痛くなりっていう四十肩を経験。
父が亡くなっても、母の体調が悪いために世話が必要だったのでポスティング開始。
各家庭のポストからポストへとチラシを投函する仕事をして。
・・・耳が全く聞こえないためか・・・
障害者枠でハローワークで仕事を探しても、みつからず。
窓口の人に電話で問い合わせてもらうと、大抵「聴覚障碍者を雇ったことが無い」
そう言われて、面接さえ受けられなかった。
耳が聞こえなくたって、10年以上勤めていたことがあるのに!と。
自分が情けなかった。
なんで、特殊技能とか免許を持つようにしなかったんだろう、って。
(中学に入学した時から家事の代行はアタシの仕事だったし。
塾もなにも行く時間が無かったのもあるけど能力も無かったと思う。
学校や会社と家の往復だけ。自分の時間なんてなく、イッパイイッパイだった)

・・・。
話が逸れた、戻そう。

で。
完全歩合制で、割が悪いポスティングを始めた。
配るチラシは家に持ってきてくれるし、FAXで日に配った件数の連絡OKだし。
朝から夕方までだけど、時間も配る日も自由だし。
月に最低6000軒、配れば良いって言うので。
(アタシは母の世話をしながら、自分の食費と医療費を捻出するために毎月12000軒分、配ってた)

最初の6か月くらいはあまり不具合などなく、良かったんだけど。
3ヶ月を過ぎたあたりから、なぜかジワジワと血糖が上がりだしたし。
6ヶ月を過ぎる頃には、ふくらはぎが硬くなり始め・・・
8ヶ月が経った頃には、少し歩くとふくらはぎが痛くて歩きにくくなり。
5分ほど休んで、ふくらはぎを揉むとまた歩けるってな感じになっていた。

少し休むとまた歩けるようになるっていう症状。
正直、糖尿病からの神経障害を疑ったんだけど。
主治医によれば《糖尿の神経障害は左右に出るから違うと思う》
そんなことを言われた。

で。
何科に行けばいいのか解らなかったのでガマンしていたんだけど。
10ヶ月になる頃には、もう・・・
仕事は好きだけど、脚が痛くて歩けない状態になっていて。
しかたなく、やめてしまった。
HbA1Cが6.8%くらい→9.8%近くまでなってしまっていたのもあって。
・・・何が原因なんだろな?と思う・・・

1階から2階に上がるのは良いんだけど。
2階から降りるとなると、アキレス腱が痛くて降りにくかったし腰も痛く。
足の小指から中指くらいまでが攣っているように感じて辛かった。
・・・兄曰く、脚を引きずって歩いていたんだそうで・・・

で。
四十肩を診てもらった整形外科に行ったら、湿布をくれた。
(なんという診断だったか忘れちゃった! けど、運動不足って言われたかも。
日に20000歩以上歩いてたけど・・・黙ってた・・・説明できないから)
これがねぇ~、耳鼻科と同じで。
いつまで経っても「もういいよ」って言わないんだなぁ~
だもんで。
ある程度、症状が軽くなったところで通院するのをやめてしまった ^^;

かわりに、自分がやったことは。
柔軟体操とか、ラジオ体操。
最初は、かなり体が硬くてつらかった。
いや、いまでも硬いけどね ^^;

立ったまま脚を肩幅に開いてお辞儀(前屈、っていうのかな)を。
足首を掴もうとしたけど・・・
左脚だけ、太ももの裏からアキレス腱まで、ビ~ッと痛くてね。
毎回、涙が出たわ。
なんというか、筋が硬くなって伸びない感じ。
でも、毎日、朝と夕に犬散歩を欠かさなかった。

だけど、散歩後に足湯をしたり前屈をしたり、ふくらはぎをマッサージしたり。
ひざウラの少し下のところを押すと鈍い痛みがあるので、そこを軽く揉み解したり。
アキレス腱のあたりを揉んでみたり。
太ももを押すと、やっぱり鈍い痛みがあるので揉んでみたり。
イスに浅く座って、つま先を床に付けたままカカトを上げてみたり。
(やっている時はアキレス腱やふくらはぎが痛いんだけど、あとが楽になる)

そんなことを毎日やっていたらば。
いつの間にか、坐骨神経痛が出なくなっていた気がする。
痛くなったのが35才くらいで現在54才なので。
20年くらい、痛みが続いていたってことになるのかな~ ^^;
我ながら、よくガマンしたなぁと思う。

・・・もしかして・・・
坐骨神経痛というよか、筋肉が凝っていて神経が圧迫されていたんでは?
そんなことを思う、今日この頃。

面白いことに。
HbA1Cは、ポスティングを病めたら割とすぐに下がりだした。
もしかして、ストレスだったんだろか~? (ーー;)
外に出ている時は、母に「○○やれ、○△やれ」と言われないから楽だと思ってたし。
配っている時は、誰とも話さなくていいから楽だと思っていたのに。



さて。
気分転換しよう~

なんなんですかね~、この表情・・・

IMG_2569.jpg



ああっ!そんなところでシッコしちゃイカンでしょぉ~・・・ (ーー;)

IMG_2615_2020012203401537e.jpg


やっぱ、も一度鼻で気分転換だな・・・

IMG_2740_20200122033957b77.jpg


関連記事

テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2019年11月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












ひつじカウンター
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
QRコード
QR