FC2ブログ

陶灯を灯してみた ~自作の陶灯2点~

9日(木)の午後。
陶芸教室に行ったらば。
12月の中頃に釉薬を掛けた陶灯が2点、焼き上がっていた。

左:均窯(きんよう)を掛けたもの。
右:織部(おりべ)を掛けたもの。

IMG_1571.jpg


釉薬を掛けた時は、同じような色をしているんだけども。
本焼きが終わると、色が違うのが不思議なんだけどね。

ま、ちっと・・・失敗したわ。
水色の均窯(きんよう)のがトコロドコロ、地が出ちゃってるし・・・
どちらのも、小さい穴がね、いくつか釉薬で埋まっちゃった。
こんな感じに。

均窯

IMG_1574.jpg

・・・なぜか、アタマの中で
♪ああ 水色の雨 ワタシの肩を抱いて包んで降り続くの・・・♪ってのが流れ出したわ^^;


織部

IMG_1576.jpg

コチラも、同じ曲がアタマの中を・・・以下同文。


でも、まぁ、暗いところで灯すものなんだから、気にしな~い♪
ってことで、そのまま持ち帰って灯すことに。

均窯

IMG_1926.jpg



織部

IMG_1931.jpg


う~ん、やっぱりカメラの電池が無くて電池マークがチカチカしていて。
慌てて撮ったこともあり。
あまり良くないなぁ、と思う。
まぁ、電池があってもうまく撮れないからあまり差が無いかもだけど。

陶灯づくりは、やめられないなぁ。
なんたって、暗いところで灯すので。
少々、カタチが崩れても変でも大丈夫だし。
なにより。。。
穴あけ(透かし彫り)をしている時が最高なのだ♪
だって、ストレス解消・気分転換になるんだから。

穴あけが気に入らなかったらば。
素焼きにする前(火を通す前)なら、お金がかからないんだもん。
通っている陶芸教室は。
(月謝は、キッチリ払わなくちゃ!だけど・・・)


以上、フォシーガ服用して数日の、気分転換でした。
ん~、なかなか血糖コントロールが上手くいかないというかなんというか。
思わぬところで高血糖になっちゃったりするもんでね。



さて。
もう一丁、いつもの気分転換しようかな~・・・

裏庭にわんズを話した後に、外に出ようとしたら・・・
仲よくマッタリしていたのであった。。。

IMG_1592.jpg


マッタリしているわんズにチョッカイを出して怒られて。
慌てて穴あきハウスに逃げ込む、チビ助(縄文柴犬・生後6か月)

IMG_1725.jpg


逃げ足が速いチビ助が中でなにをしているのかと覗いたらコッチ見てた。

IMG_1726_20200111004522cfe.jpg

逆さまの、二等辺三角形のような目。
キツネのようでキツネでない。
縄文柴犬、キツネか狼に似ているような~・・・


大人になると、こういうカオになるハズ
(これは、2018年末に急逝した縄文柴犬の♀)

IMG_6432.jpg



これは急逝した♀の息子(今うちにいる黒毛の♂。まだ成犬ではないかも・・・)
首輪は、母犬がしていたもの。

IMG_1031.jpg


真顔だと、本当に怖いよ~~~
(何かの拍子にスッと真顔になったり、寝起きが真顔だったりする・・・
で、ああワンズってのは表情を作ってるんだなと思ったりして ^^;)


関連記事

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2019年11月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












ひつじカウンター
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
QRコード
QR