FC2ブログ

フォシーガ ~服用1日目~

2020年1月4日(土)
1型糖尿病の再診に行った結果・・・
フォシーガ 5㎎ を一日おきに飲むことになった。
(余分な糖を尿と一緒に排泄する薬。
尿糖が出るよ~とも言われたわ・・・う~ん、、、)

なぜ、一日おきに飲むのか解らないけど。
これはあくまでも、アタシの場合。
主治医が何故、こういう指示をしたのかは解らんわ~
飲み薬、増えるのかよ~!っていう、ちょっとしたショックと。
インスリン量の考え方など、アタマがイッパイイッパイだったんで聞けなかったから。

アタシに何かを教える人は、えらい目にあってしまうのだ。
なんたって、呑み込みが悪すぎるからね。
理解しようと、必死に頑張っても、まだ間違えていることが多いから。
アタシに解るようにっていうか、わかるまで教えるのは大変だと思う。
小学生に解るように言わなきゃダメだからね~
・・・アタシも、ツライ・・・何回も聞き直すのは・・・

で。
尿が多くなるので、いつもより水を500mlほど多く飲むようにと言われた。
そして。
インスリン量を少なくする、とも言われて。
主治医から指示されたインスリン量は(アタシは定量打ち)・・・
★ トレシーバ   20単位→16単位に
★ ヒューマログ  いままでの半分にするってことで。
 朝: 3 → 1.5  昼: 8 → 4  夕 4 → 2 になった。
(血糖が上がるものを食べる時は、プラス分も今までの半量に、だって)


一日目(5日(日))の結果。
(トレシーバは、4日の21:00から16単位になった)

IMG_1541 (2)

結果を見て、なんだこりゃ~!って思った。
インスリン量が全体的に減ったのに。
特に、トレシーバが20→16単位になったのに。
(21:00の血糖が高血糖だけど)朝には100ほど下がってる。
それだけじゃなくて。
フォシーガを飲む前と、あまり変わらない数値になってるのがスゴイ。

あ、いや、もしかして。
188から88に下がったのは、ジャヌビアのおかげかもしれないな、と思う。
いままで、21:00に血糖が200くらいの時に朝には100くらいになっていたことがあるから。
(主治医には、ジャヌビアは血糖が高い時(アタシの場合は200くらい)だけ効くと聞いている)、
・・・血糖200ってのは、あまり出ないけど・・・
血糖が150くらいの時は、そんなに下がらないんだなぁ~

朝から夕までは、いい感じだった。
だけども。
夕飯をいつも通りに食べて、食後に犬散歩を60分したのに・・・
21:00の血糖が高いって、、、へこむわぁ~~ (;д;) 
なんでなんですの?
血糖が上がるものを食べて無いハズだし、デザートも食べてないのに。

食事や運動に気をつけていても。
時々、こういうことがあるんで。
血糖コントロールを必死にしていると、心が折れそうになるわ~
だから、それなりに~とか・・・
結果が良けりゃ御の字だぁ!くらいに思っていないと!なのだ。
心が折れたら、元に戻すのに時間がかかっちゃうからね~
ゲーム感覚で、たぶん血糖はこれくらいかなぁ~くらいなのが良いのかも。
賭けに負けたら。
また根を詰めず肩の力を抜いてそれなりにコントロールするゾ~!
てな具合にせにゃ~、やってられんわ。

んで。
フォシーガを飲むので、水を多めに飲んだわけなんだが。
トイレの回数が、3~4回、増えた。
散歩に行く直前にトイレに行ったのに。
終わりごろ(60分後くらい)には、もう、トイレに行きたくなっちゃったり ^^;

朝の散歩終了直後に、トイレに行ったので尿糖を測ってみたら(+)だった。
なので、血糖はどのくらいなんだ?と思って、測ってみたら・・・
135 だった。

ん”~?
尿糖試験紙って、血糖180くらいから反応が出るんじゃなかったっけ???
そう思ったけど。
そっか。
食べる量が変わらないのにインスリンの量を減らしたし。
尿糖なんだから、血糖を測った時の状態ではなくて。
食べてから出すまでの血糖がどのくらいになったかってこと、なんだろうなぁ~。
だから、たぶん血糖が180くらいになって反応が出たのかなぁと思う。

・・・それにしても、180って、高いんじゃないかな?・・・
や、でも、高くしないと糖が尿と一緒に出ない、、、かなぁ・・・
ん~、、、じゃ、なんで高くなったのがインスリンを減らす前と同じくらいの数値になってるんだ?
いや、尿として出たから下がってんのかなぁ?
よく解らん。


(だけど。尿糖検査は、検査前に一度尿を捨てなければならない時がある。
朝食前だったら、寝てから起きるまでに溜まっていた尿を朝起きた時に捨てる、とか。
そうしないと、最後に尿を出してから朝起きるまでを調べることになってしまう)


五日(日)の朝、フォシーガを飲んだ感想は・・・
薬を飲んだっていう安心感か、暗示かなにかにかかっているのかもしれないけど。
もしかしたら、気のせいかもしれないけども。
なんというか、身体全体が軽くなったように感じる。
特に、脚。
いままで、犬散歩中にふくらはぎやアキレス腱が重かったり痛くなることが多く。
ブランコなどに座りながら、ふくらはぎを揉まなければ家まで歩けなかったんだけど。
それを夜の散歩では感じなかった。

で。
気のせいかもしれないけども、呼吸するのが楽になった気がする。
・・・21:00の血糖は高かったけど・・・(ーー;)

6日(月)、フォシーガ2日目の結果はどうなるかな。。。

血糖が高くなっても、よっぽどでなければヒューマログでの補正無しで様子見する予定。

それにしても。
インスリンの指示量がドンピシャ!っていうかなんていうか。
我が主治医、ナニモノなんだぁ~?
いや、糖尿病専門医なのは解ってるけど。
いつも、だいたいドンピシャな指示をくださるってのが凄いなぁ、と思う。
月ごとの血糖測定の結果を見て。
アタシが気付かないところに注目しているのかも。

いま、気付いたのは。
もしかして、血糖が高くなって尿と一緒に糖が出てしまうってことは。
身体が糖を十分に使うことが出来ない、利用できない、ってことでもあるのかな。
だとしたら。
栄養不足というか、、、痩せちゃうのかぁ~?
だって、それって。
アタシが14才で糖尿を発症した時と同じような状態ってことだと思うから。
ま、痩せるのは嬉しいけど栄養不足はちょっと、どうなのかなぁ~
医師の指示なんで、大丈夫!たぁ~、思うけど。



さて。
気分転換しよう~

IMG_1019.jpg


なにか悩んでる?

IMG_1291_202001060142301b0.jpg


キレイな花だね

IMG_0493_20200106014230c0d.jpg


関連記事

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます。
プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2019年11月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












ひつじカウンター
検索フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
QRコード
QR