FC2ブログ

このままでいこう ~血糖コントロールの一人反省会の結果~

血糖コントロールの一人反省会をしなくてはならない時期ってことで。
やってみた。

主に・・・
★ ノボラピッドからヒューマログ(ミリオペン)になってから。
★ 血糖コントロールするのに、毎食前の単位数が合っていたか?
★ ノボラピッドと同じように使えるか?
★ 上手くいかないことがあるならば、どう対処すればよいか?

★ 持効型インスリンの、トレシーバの単位は現在の身体に合っているか?


で。
血糖測定の結果を自己管理ノートに書き出してみたら、こうなった。

IMG_8521 (2)


時々、高血糖や低血糖はあるけども。
時々乱れるのはしょうがないし、パターンのようなものは見えないので。
このままでいこう~♪ということになった。

アタシに完璧を求められても出来るわけないんで ^^;
完璧にやろうと思ったら、プレッシャーとストレスが凄すぎて。
それこそ、とんでもなく高血糖続きになっちゃうに違いないんだから。
無理はイカン、ムリは。

アタシの性格からして。
根を詰めず、肩の力を抜いて それなりに~ とか。
思いついたら四の五の言わずに、とりあえず試行錯誤!てなもんで。
いつでも行きあたりバッタリ、てな感じになっちゃうんだよなぁ~
・・・それで、わりと上手くいってしまう時があるってのがまた、怖ろしい・・・

上手くいかなかったときゃ~
そりゃ~、もう!
悲惨、の一言なワケなんだが。
まぁ、試行錯誤しまくっても思うようにならないのが自分の人生かな、と ^^;
諦め混じり、ため息交じりでドッコイショ~♪

明日から、、、
いや、もう今日になるのか。
12月といえば。
24日、25日と。
クリスマスでケーキを食べたり鳥を食べたり。
(クリスマス、祝いはしないがケーキや鳥は食べたいの~!)
血糖が上がりそうな予感しかしない日が年末近くにあり。

31日の夜には。
夕飯とは別に食べる、年越しそばで夜中に血糖が上がりそうだというのに。
新年の1日の朝には、雑煮(モチ)だのお節だの・・・
これまた、血糖が爆上がりしそうなものを食べる習慣があり。

年末年始ってのは、血糖コントロールのテキが一気に押し寄せてくる!
てな感じになるワケで・・・
ああ、ユウウツ~~~
でも、楽しみでもあるという。
なんとも悩ましいことになってしまうワケだな。
・・・ならば、その習慣をやめればいいのにやめられないというか、止めたくないっていう・・・
困ったことになっている。

もしかして、困っているのはアタシだけなんだろか ^^;
そんなことを思う。

特に、年末には。
年始の食事作りを少しでもサボりたい・・・
あ、、、いや、、、もとい。
年始は食事作りを楽して、ゆっくりマッタリの~んびり~
TVなんゾ見ながら過ごしたいと思うもんで。
簡単にだけど、お節づくりをするんだけども。
これがまた、味見なんぞするってぇ~と。
血糖爆上がり確定!てなことになる予感しかしないんだよなぁ。
味見も、血糖のうちだと思うんで。

てなワケで。
煮物だけ、うちで作って。
栗きんとんだの、なんだのってのは店で買うことになるんだが。
20数年ほど前、酢ダコで失敗したんで、タコには気をつけねば。

フタ付きバケツに入った酢ダコの、安いのがあったので母が買ったのだが。
・・・タコはタコでも、水ダコで・・・
クチに入れた瞬間に。
家族全員、柔らかいタコにビックリして無言に。
(うちの辺りでは、酢ダコは噛み応えのあるものであって噛みきれない感じではない)
水ダコを食べる習慣がないってこともあり。
みんな、呆然としちゃったことがあったのだ。

あとになってみれば、いい思い出なんだけど。


アタシャ~、年末年始に思うんだなぁ。
なんで、年の終わりと新しい年の始まりには。
血糖コントロールの腕を試す試練のようなものがあるんだろうなぁ、って。
(ま、イヤならば年末年始をいつものご飯を食べればいいんだけど・・・
アタシだって、栗とかモチとか食べたいし、数回の食事作りをサボりたいよ~)

特に、年の初めには。
その年の、血糖コントロールの命運がかかっているというかなんというか。
どういう年になるかっていうのが決まってしまうような気がしている。
・・・ただなんとなく、そんな気がするだけなんだけど・・・

これって。
アタシが食い意地で出来ているからなんだろうか。。。

そうだ、思い出した。
アタシが血糖コントロールを必死こいてやっているのは。。。
14才で糖尿病を発症した当時、ケーキも年越しも、栗きんとんも。
ぜぇ~んぶ、食べちゃダメ~!って言われたからなんだ。
だけど、みんなが食べていると自分も食べたくて。。。
で。
誰にも咎められることなく食べるためには、普段のコントロールをよくしとかなきゃ!
そう思ったから。

現在、制限はあるけど食べたいモノが食べられるのは。
使用中のイスリンがトレシーバとヒューマログの組合せで使用中だから。
持効型と超即効型のインスリンの組合せは最高だなぁ~と思う。
これまでの40年、インスリンを打ち続けてきた中では。
・・・これから、もっといいものが出来る可能性ありかな・・・?



さて。
何を書いているのか解らなくなってしまったので、これにて失礼することにして。
気分転換しよう~

IMG_7976_20191201022837d90.jpg



IMG_8046_201912010228374a2.jpg



IMG_7873_20191201022719acd.jpg


関連記事

テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2019年11月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












ひつじカウンター
検索フォーム
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
QRコード
QR