FC2ブログ

ノボラピッドからヒューマログへ変更 ~0.5単位刻みのインスリン~

ここんとこの、低血糖続きを自力でなんとかしようと。
24時間効くという、トレシーバを2単位減らして。
18単位→16単位にしてみたけど。
まだまだ、予期せぬ時に低血糖になるので。

もう、自分の手には負えん!と諦めて。
予約外で、主治医の指示を仰ぎにクリニックへ行ってきた。

・・・ら・・・

「低血糖になりにくいと聞いていたジャヌビアですが。
たまにとはいえ、こんなに頻繁に低血糖になるのでは意味が無いのでは?
止めたいんですけど~」
というアタシに対して。

主治医は・・・
《ジャヌビアを止めたら、HbA1Cが上がるしインスリン量も増えるよ》
・・・なんか、ジャヌビア服用を止めるのが嫌そうな・・・返事だった。

・・・なぁ~ぜ、そんなにジャヌビア中止を渋るんだ・・・と思う・・・
何度も、やめたいと言っているんだけども。
「いや、効いてるから」と言われるんだなぁ、これが。

まぁね~
ランタスを日に2回打ちだった時に。
ジャヌビアを飲みだす前は、高血糖が続いてどうにもならない感じだったのが。
飲みだして1ヶ月で、HbA1Cがスッと下がったし。
ランタスも、2単位減らすことになったし。
・・・使い始めた時は、これいいなぁ~と思った・・・
だけど。
たま~に、だとはいえ。
夕飯後の血糖が311なのを確認してから犬散歩を50分しただけなのに。
夜散歩は、いつも60分しているのに。
帰宅後に、低血糖・・・
それも、タダの低めではなくて、54という数値を見て命のキケンを感じたんだから。

別の日も。
21:00に、このまま寝るには不安だと思う数値、95だったので。
定時打ちのトレシーバだけを打ち。
血糖を上げるための、サーターアンダギーをインスリン無しで食べたというのに。
一旦上がった血糖が、また、寝る前には下がってきているという、怖い現実。

そう、訴えたらば。
我が主治医、ジャヌビアは続行と。
代わりに、現在使用中のノボラピッドは1単位ずつしか打てないので。
0.5単位刻みで打てる、ヒューマログ注ミリオペンHDで様子を見よう。
(ノボラピッドと同じ、超即効型のインスリン)
・・・てな提案をされた・・・

イーライリリー社のインスリン、といえば。
オレンジのキャップの100単位用のインスリン用注射器で注射していた頃の。
(たぶん、まだペン型インスリンが無かった頃だと思う)
バイアル入りのヒューマリンN (100)やバイアル入りのヒューマリンR(100)
これ以来かなぁ~
これ、いつ頃使っていたか忘れたけど、イーライリリーのは本当に久しぶり。
いままで、ノボノルディスクのを多く使ってきた気がする。


で。
トレシーバは、定量-2の、16単位で。
ヒューマログの、朝・昼・晩の定量を、ノボラピッドの時より減らす、と。

ノボラピッドの定量  3  - 8 - 4
      ↓
ヒューマログの定量 2.5 - 7  - 3.5


正直、こんなに減らして大丈夫か~?と思ったけど。
ま、なんかあったらまた主治医に相談すりゃ~いいやってことで。
だま~ってた。
こういう、自分ではどうにもならない時のための、主治医だと思うから。
なんたって、アタシャ~自分の経験しか持ち合わせていないけども。
主治医は、たくさんの患者の例を見ているだろうし。
アドバイスをしてきたと思うんで。

ん。
血糖を調整できるなら、ジャヌビアありでも構わないし。
試行錯誤するのは、結構楽しいのでOK♪
てなワケで。
ノボラピッドをヒューマログに変えて、単位も少なめにして様子見ってことになった。

上手くいくといいなぁ。

これで、全体的に血糖が上がったらトレシーバの量の調整を。
ある時間帯だけ、高くなったり低くなったりするようならばヒューマログの量の調整を。
・・・して良いという、許可をいただいたので・・・
(ハッキリ、許可をいただいておけば。
インスリン量を自分の体の状態に合わせても、後ろめたさもなくてグ~♪なのだぁ~
・・・アタシの場合、急に低血糖や高血糖になることがあるので。
その時々の体の状態に合わせた、インスリン量の調整が必要だから・・・)

ちなみに。
21日(土)の昼から、ノボラピッド→ヒューマログにしてみた。
血糖は、というと。。。
昼食前:13:25   81 (ヒューマログ注ミリオペンHDを7単位打った)
昼食後:15:25  103

う~ん?てな感じで、上がり方が悪い気がするけど。
そこは様子見なんで。
良しとしておく。

そして。
夕飯前:18:10  54
キャ~!!低血糖よぉっ!
でも、まぁ、様子見だからね~ 気にしない。
それに、すぐにご飯を食べるし~ってことで、ヒューマログを3単位打った。

食後に犬散歩を50分して。
トレシーバ16単位を打つ前の血糖は・・・
21:40  130

更に、好奇心で血糖を測ってみた。
なんだか、すごく眠かったので、もしや低血糖?と思ったので。
23:50  138

ん~、ま、寝る前に血糖が130あれば。
朝、起きるまで低血糖にならないかもしれないな~と思ったけど。  
本当に朝まで大丈夫かどうかは、まだ解らないね。

ただ一つ、気になることがある。
昼食前に、ヒューマログ注ミリオペンHDを使いだしてから、妙に眠いってこと。
これ、ヒューマログの影響ではない可能性もある。
・・・主治医に相談して指示を受けたので気が緩んだのかも・・・

翌朝、起きるまでや起きた時に低血糖にならないことを祈る。



さて。
気分転換しよう~

21日(土)の、丑三つ時に兄が犬連れで帰ってきた。
みな、元気でなにより。
ただ、気になるのは兄は痩せ、アタシは太ったってこと。
・・・なぜだ・・・
何故、兄は数か月他の地に行くと痩せてというよか、やつれて帰って来るんだ?
「いったい、ナニを食べていたんだよぉ~?」と問い詰めたくなる。

兄のわんズたち
北海道犬の♂

IMG_3785_201909220044464a0.jpg


左から
縄文柴犬(キツネ顔)の♂、北海道犬の♀、縄文柴犬(黒胡麻毛)の♂

IMG_3746_2019092200442905b.jpg


日本犬ばかりなのは、兄の趣味。
・・・ばかりというよか、日本犬しかいないんだが・・・(ーー;)
アタシの(柴・たぬき顔)わんズも、元は兄の犬。
          ↓

IMG_2507.jpg


関連記事

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。


*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












ひつじカウンター
検索フォーム
最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QR