母の民間療法


40年ほど前
母にアロエ茶を作らされたんだけども。

その後・・・
母は民間療法っていうか、なんていうか。
どこかで聞いて来たらしい、食べ物が好きだったなぁ、と。
なので。
そのことについて書いてみる。

眼に良いと言って、水煮の人参を。
・・・理由がわかるのは、これだけ・・・ ^^;

で。
他には・・・

梅酒
桑の実
ニンニクのしょうゆ漬け
茹で卵のしょうゆ漬け
アジの開き(焼)の酢漬け (酢、100%だった・・・勘弁して・・・)
プルーン(瓶入りのドロッとしたもの)
銀杏(一日に3粒)

ドクダミ茶 (ドクダミ100%・・・)
煎じ薬 (たぶん、野草の・・・)
煎じ薬 (麦っぽい味がしてた・・・)

他にもあったと思うけど。
40年ほど前なんで、思い出せない・・・

覚えているのは。
どれもこれも、えぐかった!ってこと ^^;
なので。
悪いけども。
1~2回、付き合ったら、見向きもしなかったわ~

煮物にコンニャクを多めに入れる、とか。
白米を焚くときに米状のコンニャクや麦を入れるとか。
・・・そういうのは、理解できるんだけどね・・・

母が糖尿病からの腎症がすすんでしまった時は。
(食事制限が厳しくなって、塩分・カリウム・水分などの制限がかかった)
かなり体調が悪かったようで。
・・・そりゃそうだ・・・(ーー;)

体調が悪いもんで。
色々なサプリを飲んでいたので。
「主治医に聞いてから飲んでね~」と言ったんだけども。
数か月経っても、明らかにこれダメだろ・・・っていうのを飲んでいたので。
(なんだったか、忘れた・・・)

母の腎臓内科の受診日について行って。
すべてのサプリメントを主治医に見せたら・・・
全滅!!

主治医から
「病院で出している薬以外は飲まないでください」と。
きつ~~~く、いわれた。
「飲み続けるとキケンです!」って。

かなりの、カリウムが入っていたらしく。
(尿の出が悪くなっていたので)
カリウムなどが身体の中にたまり過ぎると、心臓が止まります、って。

実際・・・
その後、お腹が空いたからと言って。
ワタシの補食用に買っておいたバナナを食べた、母・・・
夜中近くになって、体調が悪くなり。
慌てて兄に大学病院の救急外来に電話してもらったら・・・
《すぐ来てください!》
なんて言われて、兄の車で付き添ったことがあった。

遅かったら命が危なかった、と言われたわ~~~

怖いったら、ありゃしない。
透析間近だって言うんで、食事など、ワタシが管理していたんだけども。
食事を作っても「吐き気があって食べられない・・・」って言っていたのに。
気が向けば、バナナを食べてしまうなんて。
(バナナはカリウムの値が高い)

急に親を失うかもしれない恐怖に、何度、襲われただろう。。。

夜中に起き出して、勝手に何かをつまむかもしれないという不安。
もしかしたら。
朝、起こしに行ったら冷たくなっているかもしれないという恐怖。
すごいストレスだったなぁ。。。

いまだから、書けるし言えるんだけど。
夜、寝られなかったわ。。。
容体が急変したら、亡くなるまで・・・あっという間だろうから。


さて。
気分転換しよう~

IMG_2413.jpg

アタシャ~、全く耳が聴こえないもんで。
寝るときは、こういう風に母に寄り添ってというか、見張ってたわ~

母は厳格な血糖コントロールが出来ていたけども。
ワタシはといえば・・・
ずぅ~~~っと高血糖続きだった ^^;

母が肺炎が元で亡くなった後も。
ワタシは1年近く高血糖が続いたのだった・・・ ^^;

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(アメーバ・ゆゆんのつぶやき)

聴覚障害あり 

たぶん、1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。 



にほんブログ村

FC2 Blog Ranking



検索フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひつじ
リンク
QRコード
QR