針の跡


さっき
血糖測定をしようとして。
指の穿刺針の跡がスゴイことになっているのに気づいた。

(汚いので写真は載せないけど)
手指の横を針で刺した、無数の跡が茶色く残っている。
指の左右に。

小指、薬指、中指、人差し指、まで。
唯一、針を刺していないのが、左右の親指。

なんだか、哀しくなった。
糖尿病歴37年とはいえ。
発症の最初から日に複数回のインスリン注射が必須の糖尿病とはいえ。
インスリン注射を打つ、腹や太ももだけでなく。
血糖測定のために、日に複数回の穿刺針を刺さなければならないとは。
(現在、インスリン注射を日に4回、血糖測定を日に4回、している)

今年、52才になるんだけども。
あと、何年生きるのかな~~~
あと、何回、身体に針を刺すのかな~~~
なんて考えてしまった。

あまり長生きなんゾ、したくないな・・・

100年ほど前までは。
(インスリンが発見されるまでは)
発症すれば死んでしまう病気だったというけれど。
・・・14才で若年型糖尿病を発症した時に・・・
「あと1日、(大学病院に来るのが)遅かったら死んでた」と言われた・・・

なんとなく。
酒でも飲みたくなったけど、飲めないんで。
ただの炭酸水でも飲んでおこう。
スカ~~~~ッとしたくなっちゃったから。


さて。
気分転換しよう~

IMG_5005.jpg


プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(アメーバ・ゆゆんのつぶやき)

聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏に 
「若年型糖尿病」を発症した。 



にほんブログ村

FC2 Blog Ranking



ひつじ
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR