ふと、思う。。。

ブログって。
ジャンルとか、ランキングとか・・・あって。

そういうの、参加するかしないかってのは 自由だけど。

参加したなら・・・
その、種類以外のことは書いちゃいけないのかな・・・? って。

ふと、思った。

毎日、生きていくわけだけど。
色々なことがあって。
悔しいことや、哀しいこと、嬉しいことや、楽しいこと・・・
それだけでなく。
だれにも言えないことだって・・・。
書きたいけど、書けない。
そんな時もあるワケで。

他の人のブログを見ると。。。
なんというか。
書くネタがないっていうのを見かけることがあるんだけど。
それって、選んだジャンルに関するネタがないってことなのかな?と。
・・・ワタシは適当に ブログネタから選んで書いているけどね・・・
文章を書くこと自体が好きだから。
何についてでもいい。
特にこだわりはない。

文章を書くのが 上手、下手 ではなく。
純粋に、書くことが好きだから。
・・・べらんめぇ調で、言いたい放題だけど・・・
一種・・・「負け犬の遠吠え」 って気がするけど。
まあ、ガス抜き・・・なんだろうね。
文章を書くことが。

ちょっと・・・
心が弱っているのかもしれないな、なんて。
気温が下がるにつれて、心も?
暖をとりたいのかな~なんて。。。

寝ようと思っても、耳鳴りがうるさいし。
何も考えていないつもりでも。
目にした、単語 一つから 色々と考えることが止まらない。
なんというか。
脳が興奮したまま、その興奮が冷めない感じ。
外出先で 見知らぬ人と会話した後に多いかな。。。

外で会話する、となると。
・・・会話すること自体はキライではない・・・
けれど。。。
会話をするには、聴こえない耳はあてにならないので。
どうしても。
そう、どうしても。
クチの形を読み、なんていったかを・・・単語一つだけでも知ろうとして。
「○×? △×? それとも、☆×?」

・・・こんなふうに質問しては、次の質問をするので・・・
相手は ≪もういいです!≫ ってカオで 去っていってしまう。

待って!
待ってください!!
ふざけているんじゃ、ないんです。。。
単語一つさえ、正確に知ることが・・・、推察することが・・・
ムズカシイから、聞いているんです。。。
ワタシだって。
したくてしているのではありません。。。
出来ることなら、怒らせたくない。
でも。
それでも、あえて聞くのは・・・あなたとコミュニケーションしたいから。

・・・こんな夢を見て、飛び起きたら 泣いていた・・・


これが、ワタシの現実。
耳が聞こえず、ふつうに意思の疎通をすることさえムズカシイ。
そして。
14才から 量を間違えて打てば、死の危険さえある・・・
インスリンという、劇薬を 日に複数回打ち・・・
血糖が高いだの、低いだのと言っては 右往左往する。

(血糖は 著しく高い、または著しく低い この、どちらでも死の危険あり
だから、食事・運動・インスリンを組み合わせて・・・ 
必死に 血糖コントロールをしているのだ)

なんだか、最近疲れている気がする。
身体ではなく、心が。

年末が近いというのに。
しっかりしなければ!

血糖コントロールの方法って・・・


血糖コントロールの方法だけど。

ワタシは自己流だ。
若年型糖尿病を発症して以来、昔のやり方でやってきて。
合併症なし。
(薄く白内障が出ているけど、夜21:00を過ぎても外をふつうに歩ける)
そして、毎日、白米を食べている。

日に複数回のインスリン注射や血糖測定、バランスのいい食事、運動・・・これらは別として。

そんなに・・・
本に書いてある通りにしなければいけないのか?と思う。
糖質制限とか。
カーボカウントとか。
インスリンポンプとか。。。

インスリンポンプを使うのも。
玄米を食べて血糖を上がりにくくするのも。
個人の自由だけど。

ちゃんとコントロールが出来ているのなら、自己流だっていいと思うんだが。
・・・いけないのか・・・?

なんで
知らない人に 言われなきゃいけないんだ?

アホで。。。
ダメダメだけど。
ワタシにだって、プライドがある!
30年以上、情報がない中で。
自己流だけど、ここまでやってきたんだ!!

なんだか知らないけど。
涙が止まらない。

気が重いなあ


2014年 11月15日(土)は・・・
前回の再診日に受けた、リウマチかどうかの検査・・・
『抗CCP抗体』 の、結果を聞きに行かねばならない。

ああ、気が重いなあ。
出来れば、行きたくないのだが。
行かねばならない。

手の指関節の痛みがリウマチでなければいいなあ、と思う。

でも。
もし、リウマチであるのならば。
若年型糖尿病 (いまの、1型糖尿病) と同じように。
早期発見・早期治療するのが一番なんだろうなあ。。。

だが、もし・・・リウマチでなかったならば。
この、指関節の痛みは何なのか?という疑問が残ることになる。
嬉しいが。
それもまた、メンドウだな。

その場合は。。。
腱鞘炎、ということになるのかな?

いずれにせよ。
結果を受け入れるしか、ないのだろうなあ。
哀しいけど。

1型糖尿病と手話について考えてみた

1型糖尿病と手話。。。

なんとなく。
似ている気がする。

手話は
使っている人がいるし、TVでも 手話ニュースなど、番組があるのに。
2011年まで、言語として認められていなかったのだそうで。。。
このことを知った時、ビックリした。

1型糖尿病は 
患者が多い、「糖尿病」の中にあって・・・
あまり知られていない。
糖尿病って、患者数が多いのになあ。。。

若年型 → インスリン依存型 → 1型 と 呼び方が変わってきたけど
ワタシは ≪病名(型名)難民≫ の気がする。

≪病名難民≫ というのは、ワタシの造語だけど。
1型にも、2型にも スッキリ おさまらなかったから。。。

発症が急で。
発症の仕方から言えば、1型だろうと思うのに。
長い間、『1型』 と 言われなかったのは。。。
1型のマーカー的GAD抗体が 無かったから?
それとも、少しだけど・・・自己分泌のインスリンがあるから?
発症の最初から、日に複数回のインスリン注射を必要としていたのに。
一般的な糖尿病の人から言われた言葉に反論できなかった。

『インスリンを打つようになっては お終いだ』 って。。。
ワタシにとって、インスリンは生きるのに不可欠なのに。
全く打たなかったら、半日から数日で死んでしまうのに。
発症の時に、そういう説明を受けているのに。
実際、インスリンを1回、打ち忘れると。
すぐに200,300・・・
それ以上に血糖値が上がり、しんどくて動けなくなるのに。
これが、インスリンを作れなくなってしまった1型の特徴ともいえる。
なのに。
ワタシは 『1型』 と ハッキリ言うことが出来なくて。
悔しい思いを。

ハッキリ言えないから
ブログタイトルも、曖昧に 「それなりに~」とか『+α』 とか
そんなことになってしまって。


手話も、1型糖尿病も。
存在することは一部の人の間で知られていたけども。
まるで、見ているのに存在しないような扱いを受けているように思えて。
哀しくなってしまった。

こういう気持ちを
いつか、そんなこともあったね~って
懐かしく思い出す日は来るのだろうか。

血糖コントロール しんどいな・・・


ここのところ
ずっと、低めの21:00の血糖値が問題になっていて。
インスリンの量を調整したり、ご飯の量を少し調整したりして。
頑張っていたんだけども。
ちょっと、しんどくなってきたな、と思う。

以前は
21:00の血糖が130以下だと、朝までに低血糖になったのに。
最近は
まず、21:00の血糖が80台だったりして。
ランタスを打って寝るし、インスリンを打っている関係で。
捕食しなければ不安で寝られず。
オレオを2~3枚、食べてから寝るのだが。
だいたい
夜中の2:00頃に測った血糖=起床時の血糖ということが多い。
さっき、02:00頃に測った血糖は97だった。 
これ、大丈夫なんだろうか?と思うけど。
なにもせず、寝ようと思う。
ただし、低血糖症状がおきたときのために、捕食を準備して。

なぜ、夜中の2:00まで起きているか?といえば。
耳鳴りで、横になっても寝られないから。

そういう、現在の時刻は 02:20
もう、寝なくては。