FC2ブログ

血糖コントロールに疲れ気味 ~気分転換にスクラッチアートを~

なんとなく。
血糖コントロールに疲れを感じていて。
・・・まぁ、ちょいとぱかし、迷走気味なもんで・・・^^;
100円ショップで見つけた、スクラッチアートなるものをやってみた。
こういうの。

IMG_9388_20191221010728d31.jpg

箱を開けたら、こういう感じのが4枚、入っていた。

IMG_9390_20191221010803588.jpg


で。
面白そうだなぁ、と思ったんだけども。
なんか、アタシの性格にゃ~合わない感じ。
ほんの隅っこを専用ペンで削っただけで嫌になっちゃったんだから。

IMG_9393_20191221010809343.jpg

・・・気分転換のつもりが、ストレスになっているゾ!!・・・(ーー;)

だけども。
せっかく買ったんだ、最後まで削ってみた。
ならぬ堪忍、するが堪忍、闘病も人生も気分転換も!
すべて忍耐だぁ~っ!!
なんゾ、アタマの中でぶつくさ言いつつ。。。^^;

イヤなら止めりゃ~良いのにねぇ~ (ーー;)

で、出来たのが、これ。

IMG_9398.jpg

・・・もしかして、灯に透かしてみたらキレイかもね~・・・

ところで。
違う柄のが、あと3枚あるんだけど。
あれ、どうしよう~~~~

・・・。
放っとくか 笑



さて。
気分転換を。
・・・気分転換しかしてないけどね~・・・

ワンコにも、色々な表情が出来るようで・・・・

IMG_8948_20191221012218c78.jpg



IMG_8972.jpg



で。
撫で撫ですると鼻紋を見せつけてくるのは何故だぁ~

IMG_9693.jpg


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

気分転換に犬写真 ~1型糖尿病・回想・翔べガンダム~

前記事を書いたあとで。
糖尿病ってのは、血糖が高い状態が続くと。
5年から10年で様々な合併症が出始める、と言われていて。
発症の初めから日に複数回のインスリン注射が必須のアタシの糖尿病歴40年で。
とりたてて、生活に支障があるほどの合併症が無く。
合併症のための通院も治療もしていない状態だっていうのは。
1型糖尿病の主治医に「稀な例」だと言われたので。
悩むことではなく、喜ぶことなんだよな、と思い。
気分転換に撮りためた犬写真を眺めてみた。

うん、、、
そうだな、やっぱ、なんていうか。
たとえ、何があっても。
色々考えすぎて気分が沈んでも、わんズの散歩はしなきゃならないし。
こういう時は・・・

てやんでぇ~い!
なんの、これしき! 負けるもんけぇぇ~!精神で。
前にすすむしかないんだろうなぁ、と思った。

気分を変える素、元気の素になった写真は・・・

ウガ~!!と叫んでみたり

IMG_7549.jpg


要らないもの(感情や腹の中にあるもの)を捨ててスッキリしたら・・・

IMG_7576.jpg


捨て去ったモノに向かって
「アッチ行け!戻ってくんな!戻ってきてもムダだ!」
てな気持ちで、あっかんべ~って舌を出してみよう~

IMG_7774_201911140114271da.jpg

もしかしたら、気持ちが軽く・明るくなるかも。

そして。
興味のあるものに注目しつつ

IMG_7600.jpg


顔を上げ胸を張り、前を向いて歩いて行こう~♪

IMG_7690.jpg


そうすりゃ~・・・
いつしか、ドヤ顔で 「落ち込んだこともあったけどなんとかなったよ!」

IMG_7778.jpg

そう言える日が来るかもしれないんだから。


*****

またまた、犬写真で遊んじゃったけど。
気分転換するには丁度良いかも。

「365歩のマーチ」の歌詞
♪幸せは歩いてこない だから歩いて行くんだね♪

「翔べ!ガンダム」の歌詞
♪まだ絶望に沈む悲しみあるなら 恐怖を払って行けよ♪

改めて、この言葉を心に留め、闘病していけたら、と思う。
365歩のマーチは母が好きだった歌。
アタシが小さい頃に母が初めて買ったレコードで、一緒に歌った。

翔べ!ガンダムは、思い出の曲。
ちょうどアタシが中2(14才)で発症した、1979年にTVで放送していたアニメ。
このアニメを知ったのは・・・
アニメ好きの、ちょっと病弱なクラスメイト(女子)の影響。
・・・そういえば,『地球(テラ)へ』と『超人ロック』も、彼女の影響だ・・・^^;
で。
新宿だったか秋葉原にセル画を買いに行くんだ♪
そう言っていたのを覚えている。

そして。
アタシは、買い物に付き合うことなかったけど。
TV画面の絵(アムロやシャー、ハロくん)や歌詞に勇気づけられたのだった。
・・・クラスメイトの梅ちゃんに感謝だね・・・
いま、どこにいて、なにしてんだろ。


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ちょいと図書館へ ~目次を見て連想、一番ヤバいのは自分かも~

血糖がいい感じに収まっているので。
たまには、ふつうの文章を書いてみようと思う。
一応、ブログで人に伝わる文章を書く練習をしているつもり、なので。
・・・つもりはつもり、チリも積もれば山となり、いつしか崩れる、、、かもなのだな・・・
岩の上に建てたものは、時間が経っても無事なのだが。
砂の上に建てたものは、いつ崩れるのか解らないのだよぉ~

・・・。
いったい、アタシは何を書いているんだよぉ~と思うこと、たびたび。
いや、たわけた事を書くのが楽しすぎて。
何を書いているのか解らなくなるのが頻繁すぎてイヤになる ^^;

*****

数日前に最寄りの図書館から、メール連絡が来た。
《予約本が届いたので、取りに来~い!》 てな、内容だった。

取り置きの期間が決まっていて。
悠長に構えていると、借りる間もなく返却されてしまうので。
急ぎ、図書館で本を受け取るべく、行ってきた。

何冊か借りたんだけども。
なかでも、読みたい!と思っていたものがある。
それは、「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」と題する本。
目次を見て、気になったのは。
213ページの、「メソポタミアの古代粘土板せんべい」

古代板せんべい、という文字に反応してしまった。
なぜだ、なぜなんだ。
もしかして、陶芸が好きだからなのかな。

それで、読む前にどんなものかを想像してみた。
もしかして、これは古代の板状の粘土を食べるのか?
いや、粘土製の平ぺったいせんべいを食べたら固すぎて口の中、切れるよな?
そして、ほぼ間違いなく、消化できない。
それどころか、せんべいの破片がノドや胃、腸を傷つけるだろうし。
万が一、腸に詰まりでもしたら一大事になるのでは?
でも、長年、そういうものを食べている人たちならば、消化できるようになるんだろうか。
・・・いや、違うかも・・・
粘土を食べるんじゃなくて。
食べ物を粘土で包み、焼いたあとに粘土を壊して中身だけ食べるのか?

こんな考えが頭の中をグルグルしだして、好奇心が抑えられず。
借りた、その場で板せんべいのところだけ読んでみた。
・・・ら・・・

古代シュメール人は、カサブ(葦)を適当な大きさに割って粘土板に押し付けて。
楔形文字を記したのだそうで。
どんなもん用なのか、見てみたい!と思った。
・・・いや、今はこれは関係ないんだけど・・・
(葦には、よしずにするようななモノだけではなくて青竹のように太く固いのもあるらしい)

葦には種類があるのかぁ~
何気に勉強になるなぁ~、うん。

せんべいの作り方は。
米粉を水に溶いて塩を混ぜたものを厚さ3センチほどの粘土板の上で薄焼きに・・・
(詳細は省きます。興味がある方は本を読んでください)
せんべいのように固くなく、ふっくらして焼き団子のようだと表現されていた。
直径50センチ、厚55ミリの、まるでピザのような感じらしい。

これを読んで。
もしかして、一番ヤバいのは辺境メシではなくて。
古代の粘土の板を食べると思った、自分なのでは?と思った。
・・・そうだよねぇ~、粘土を食べるわけないよね、しかも焼いたのなんて論外・・・^^;
食べられるわけ、ないでしょうに。
アタシはいったい何を考えているんだ!と思った。

自分が書いた文を他の人に通じるようにしたいと思うなら。
もっと、こう~、、、なんというか。
他の人が書いたものを読んで、真意を。
何を言いたいのかを掴めるようにならなくては。

まだまだ、ブログを書き続ける必要アリだねぇ~ 
耳が全く聴こえないアタシが意思の疎通をしたいと思うなら。
意味が伝わる文章が書けなければ、困るのは自分なのだから。
・・・いや、相手も困るかな・・・



さて。
気分転換しよう~

足元に、どんぐり発見!

IMG_6822_20191111002123e4b.jpg


見上げると、近くにザクロが。

IMG_6842.jpg


どんぐりを持ち帰り、写真を撮ってみた。

IMG_7504.jpg


ん~、コナラかマテバシイかな、このどんぐり。
いや、殻斗(かくと)からすると、マテバシイかも。
殻斗が2つ、3つと、くっつくのがマテバシイの特徴らしいので。

テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

ムシャクシャするので ~犬写真で気分転換~ 

ここんとこ、血糖のコントロールが上手くいかないし。
ムシャクシャするんで。
ちょいと息抜きを。

暑い日が続いていたので、わんズにスイカを。

IMG_1032_20190831004829fd8.jpg


♀:アンタ、まだ食べてんの?
♂:え、、、あ、、はぃ・・・

IMG_1046_2019083100491441a.jpg


アタシのが量、少ないの、納得できなぁ~いぃ~
(ふて寝)

IMG_1150_20190831004915665.jpg


別の日に。
♀が♂と離れて寝ていたら、いつの間にやらピッタリと・・・

IMG_2296_20190831010643934.jpg


アップにしてみたら。
そんなにくっつかなくても良かろ?という状態。
見ているコッチが暑いんだが (ーー;)

IMG_2292.jpg


・・・なぜか、このパズルを思い出した・・・
あ、、、あらヤダ、紙が逆さまだ!

IMG_2462 (2)


離れていった♀に、後ろから咎められた♂
・・・なぜ、咎められているのが解るんだ・・・

IMG_2337_20190831010259af1.jpg


そして。

IMG_2374.jpg



IMG_2377.jpg


♂、ふて腐れ。

IMG_2382.jpg


♀、安心して眠る。。。

IMG_2389_2019083101231652e.jpg



アタシの血糖も、こういう風に。
一喝したら、思うようになってくれるといいんだけどねぇ~~

寝て、起きたら。
また、いままでのように淡々と血糖コントロールしていかなきゃ!だな。


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

おやじのパソコンという本で思い出したこと

毎日、毎日。
日に何回も血糖を測り、インスリンを打ち・・・なんてやっていると。
なんとなく、ブログの内容が病的になるような気がして。
気分転換に、最寄りの図書館へ。

テキトウに、趣味(実用書)のところを見ていたら。
「そうだ、いまのアタシに必要なのはこういうのだ~!!」という本を発見。
タイトルは 《おやじのパソコン》 2000年1月1日 第1刷発行。

こういう表紙で。

IMG_8892 (2)


そうそう、アタシャ~、このレベルなんだよなぁ~って思って。
妙に魅かれたっていう・・・^^;

IMG_8891 (2)

思わず、借りてしまった。
・・・何か、知りたいと思ったら耳から情報が入ってこないので・・・
自分で興味を持ったものを読んでみるなどする必要があるから。
(読解力が無いので、理解できるかどうかってのは別問題)


目次を見たら。
Q9の、「画面って、一見テレビに見えるけど、テレビとどこが違うんだ?」ってのがあり。

これ!アタシも思ったんだ。
vistaを初めて見た時に。
で、この質問者、アタシか~?!と思った。
・・・ここで、初めてのパソコン、OSがvistaのを買った時のことを思い出した・・・
(ちょうど、Win7が出た頃で。現品限りで安くなっていたのを買った)

電気屋の店員に 「パソコンが欲しいんですけど・・・」と言ったら。
すんごいキレイな、テレビみたいな画面のを見せられてビックリした。

アタシが初めて電源が入ったパソコンを触ったのは、20年ほど前で。
30代だった。

で。
電源が入っていないパソコンのフロントパネルやリアカバーならば。
10代後半~20代だった、1998年か1999年頃。
高卒で入った会社で。
塗装したてのをダコンや傷がないかを調べるラインにいたんで知っているけど。
・・・フロントパネルには、いまはもう見ない、キレイな色のアップルマークがついてた・・・
ってことは。
あれは、マッキントッシュのフロントパネルだったのかな。

その後、転職したんだけども。
末期がんの父の世話のために、退社。

ふたたび、パソコンを眼にしたのは。
父が亡くなった後、無職だった時(30代)。

母が内容も知らずに。
アタシに黙って、職業訓練校に予約を入れてしまい。
(内容を聞いたら「知らない」って言われたんだよ。まいったね(ーー;))

運が良かったんだか悪かったんだか知らんけど。
(入校の3日前に)キャンセルがあった、と連絡が来て。
パソコンどころか、ワープロさえ触ったことも見たこともない状態で。
キーボードを見たこともない状態で。
・・・ビジネス文書を入力せにゃ~ならんことになってしまった、アタシ・・・
(当時はまだ、すなおだったんでね。
入校を断ったら、キャンセル待ちしていた他の人に悪いなぁと思って)

一体、なんのバツなんですかね~ ^^;
・・・最寄り駅の、母と仲が良かったバス券売り場の・・・
昔、CADを使っていたっていう、おばちゃんに。
「これからはパソコンが使えないとね」と言われたのが申し込んだキッカケらしい。

まぁ、訓練校に行っていなかったなら。
ブログを書いているアタシはいない、と思う。

(訓練校にあったパソコンは、一台ずつOSが違って。
OSは、NT、NT3.1、Win95だった。
黒か緑の画面に白い文字、だった。

アタシはタイピングが出来ないので動作が遅くてもいいので。
っていうか、遅い方が良いので。
電源を入れてもなかなか起動しないNTを使用させてもらった。
・・・いや、でも、キーを押しても表示されるまでに時間がかかり。
「壊れているんですか?」と聞いてしまった。(う~ん、ナマイキ~・・・^^;)
ソフトは「一太郎」だった。
当時、入力した文章を保存するのは薄っぺたいフロッピーディスクだったなぁ~。
まだ、フロッピーディスクって売ってるんだろうか。

で。
入校して、真っ先に教わったのが電源の入れ方。
それと、電源の切り方。
「終わる時には、一太郎を終わらせてから・・・」
「画面がついている状態で、いきなりコードを抜かないで!」
なんだそうで ^^;
え?だって、テレビはスイッチ押して、コード抜くじゃん!と思ったのを覚えている。

で。
3か月、必死にやっても。
A4サイズの、10分ほどで入力できるって言われた文章が・・・
ついに、10分で1枚、入力できないままの卒業、だった・・・
それから、10年以上、キーボードに触ることもなく過ごしていて。
なのに。
テレビで、「続きはHPで」っていうCMばかりになり、どうしても内容が知りたくて。
操作も何も解らないのに、パソコンを買ってしまったっていう~・・・(ーー;)
で。
1型糖尿病の人のアメーバブログを読んで。(たまたま、兄が読んでいた)
まだ、30年前と同じような誤解があるのかよ!これはイカン!!
てなワケで~・・・
2011年の冬あたりから、何も解らない状態で。
友人に登録などを手伝ってもらって。
勢いだけで、アメーバでブログを書きだしてしまったというね・・・^^;

ほぼ、毎日更新していたのは。
元々、文章を書くのが好きだったからかも。
・・・書いている内容は、どうあれ・・・

昔から、文章を書いては消し、っていうのを繰り返していた。
書くことでストレス発散していたんだと思う。
聞こえない(そのために、みなと同じことが出来ないし仲間外れにされる)不満などを。

幼稚園児くらいから、中耳炎を繰り返し。
中学卒業までは、耳鼻科に通わない月は無いくらいだった。
授業が聞こえなくて、解らなかったけど。
1対1で会話することも、チョイと難しい状態で。
友達がいなかったのもあるかも。



さて。
気分転換しよう~

IMG_8872 (2)


これ、ドクダミかな?

IMG_8643_20190623010652d4e.jpg



IMG_8626.jpg


テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

プロフィール

一(はじめ) 

Author:一(はじめ) 
(ゆゆんのつぶやき)


聴覚障害あり 

1型糖尿病。
14才の夏(1979年)に 
「若年型糖尿病」を発症した。

いまのところ(2019年11月)、治療が必要な合併症無し。

*****

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村












ひつじカウンター
検索フォーム
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
QRコード
QR